種子島貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

種子島 貴(たねがしま たかし)は、日本ゲームクリエイター(企画)、ライター

映像プロダクションの制作職を経て[1]スクウェア(現スクウェア・エニックス)に入社。

プレイステーションゲームソフトゼノギアス』において設定・考証を担当し、事象変移機関ゾハルの設定やギア(登場ロボット)の名前などを設定。同じくプレイステーション用ゲーム『FRONT MISSION3』においてイベントディレクターを担当、のちスクウェアを退社。

スクウェア退社後はライターにも活動範囲を広げ、角川スニーカー文庫刊『吸血殲鬼ヴェドゴニア』のノベライズや、コンプティーク誌上連載の『機神咆吼デモンベイン』(漫画)のシナリオなど、ニトロプラスメディアミックス展開に参加している。

参加作品[編集]

ゲーム[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 角川スニーカー文庫刊『吸血殲鬼ヴェドゴニア』シリーズ 著者略歴