税を考える週間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

税を考える週間(ぜいをかんがえるしゅうかん)とは、日本の国税庁が、毎年11月11日から17日までの期間、国民各層により能動的にの仕組みや目的等を考えてもらい、国の基本となる税に対する理解を一層深めてもらうとともに、税務行政に対する理解及び納税道義の高揚を図ることを目的として行っている広報・広聴週間である。

歴史[編集]

  • 1954年昭和29年) - 「納税者の声を聞く月間」としてスタート
  • 1956年(昭和31年) - 「納税者の声を聞く旬間」に改称
  • 1974年(昭和49年) - 「税を知る週間」に改称し、毎年同じ時期(11月11日~17日)の実施となる
  • 2004年平成16年) - 「税を考える週間」(現在)に改称

テーマ[編集]

  • 平成16年:「高齢社会を支える税」
  • 平成17~19年:「少子・高齢社会と税」
  • 平成20、21年:「IT化・国際化と税」

イメージキャラクター[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]