移民国籍法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

移民国籍法(いみんこくせきほう)はアメリカ合衆国移民国籍に関する事項を定めた法律である。ネバダ州選出の上院議員パトリック・マッカランペンシルベニア州選出の下院議員フランシス・ウォルターが中心になり1952年に制定された法律で、策定者の名前からマッカラン=ウォルター法とも言われる。

移民国籍法はアジア出身者に帰化権を認めたが、移民数の出身国割り当て規定は存続しつづけた。そのため、アジア出身者の移民と帰化は制限されたままであった。1965年の大改正(ハート=セラー法)は出身国割り当て制限を撤廃し、西半球出身者と東半球出身者という大まかな枠で移民の数を決めることとし、特別な技能を持った人材を積極的に受け入れる姿勢に転じた。

この他にも細部の改正は数年に一度行われている。1986年の改正は偽装結婚による永住権取得を困難にするものであった。2001年9月11日の同時多発テロ以降は、移民を厳しく制限しようとする議論が巻き起こり、テロリズムを摘発し阻止するため適切な手段を提供することによりアメリカを団結させ強化する法(愛国者法)による修正が加えられた。

関連項目[編集]