秩父鉄道車両公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秩父鉄道車両公園
Tetudoshiyariyo park2.jpg
公園入口
秩父鉄道車両公園の位置(埼玉県内)
秩父鉄道車両公園
分類 鉄道公園
所在地
埼玉県秩父市荒川白久1625
座標 北緯35度57分37.4秒
東経138度58分45.2秒
座標: 北緯35度57分37.4秒 東経138度58分45.2秒
開園 1989年3月17日
運営者 秩父鉄道
アクセス 秩父鉄道三峰口駅より徒歩1分
公式サイト 秩父鉄道

秩父鉄道車両公園(ちちぶてつどうしゃりょうこうえん)は埼玉県秩父市秩父鉄道三峰口駅脇にある鉄道公園である。秩父鉄道創立90周年事業として建設された。なお、秩父鉄道側の案内や看板などでは「鉄道車両公園」となっている。1989年3月17日開園。

概要[編集]

秩父鉄道で過去に使用された車両を展示しているほか、転車台が可動状態で残されており、パレオエクスプレスの運行日には間近で蒸気機関車C58 363の機回しを見学することが出来るため、多くの鉄道ファンが来場する。また、園内にはの木が植えられており、春の季節には花が咲く。

当園に入場するには、駅西側の引き上げ線にある警報機・遮断機のない踏切を通らなければならないので、十分注意しなければならない。

営業時間[編集]

  • 営業時間:年中無休 9:00 - 16:00
  • 入園料:無料

保存車両[編集]

公園内の様子
公園内の様子

車両は全て静態保存

電気機関車[編集]

電車[編集]

貨車[編集]


ギャラリー[編集]

問題点[編集]

展示されている保存車両は部品の盗難や破壊(特に100形電車)や、車内にマジックによる落書きが目立っていた時期があった。これらの一部は悪質な鉄道マニアが行ったと推測されるものも数多くあった。また、子どもが車内に砂利を持ち込んだため、車内に砂利が散乱している車両もあった。ほかにも、老朽化や整備不足などにより窓枠からガラスが外れかけている車両などもあったため、大変危険な状態となっていた。このため2006年(平成18年)秋に車両の整備が行われた際には、展示車両の一部には鍵を掛け、立ち入り禁止とする措置がなされている。

関連項目[編集]