平武綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秩父武綱から転送)
Jump to navigation Jump to search
 
平 武綱
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 武者十郎、秩父武綱
主君 源頼義源義家
氏族 桓武平氏良文秩父氏[1]
父母 父:平武基
兄弟 武家、武綱
正室:源有光の長女
重綱河崎基家、女子(児玉経行室)

平 武綱(たいら の たけつな、生没年未詳)は、平安時代後期の武将豪族秩父氏秩父平氏)の当主で、秩父別当職にあった平武基の嫡男。平将門の玄孫。通称は武者十郎。秩父武綱とも称される。妻は源有光長女、子に重綱河崎基家、女子(児玉経行室)。

生涯[編集]

前九年の役後三年の役に加わり、源頼義義家父子に従って戦った。『延慶本平家物語』『源威集』によれば、前九年の役の際、永承6年(1051年)、武蔵府中に逗留していた源頼義から「奧先陣譜代ノ勇士」に選ばれ、白旗を賜ったという。

源平盛衰記』によれば、後三年の役で武綱は勢揃坂から出陣し、源義家から白旗を賜って先陣を務め、清原武衡らを滅ぼしたとしている。

曾孫に畠山重忠河越重頼江戸重長など、源頼朝の平家追討に協力した坂東武者がいる。特に畠山重忠は、頼義・義家の子孫である源頼朝の挙兵にあたり当初敵対し、のちに帰伏する際、「平家は一旦の恩、源氏は重代の恩」と述べて武綱の白旗・白弓袋を差し上げて頼朝の陣営に赴き、秩父一族の参陣を許した頼朝は、先祖の故事にならって重忠に先陣を命じている。

武綱は、秩父郡吉田郷の鶴ヶ窪台地に居城・秩父氏館(吉田城)を構えて、広大な秩父牧を支配した。

脚注[編集]

  1. ^ 『姓氏』(監修:樋口清之/著者:丹羽基二秋田書店)によると、崇神天皇の時代に国造に定められた知知夫彦命(ちちぶひこ の みこと)を初代とする、知々夫国造の末裔とする説もある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 勢揃坂 - 東京・原宿にある坂。平武綱はここから出陣したともいわれる。
先代:
平武基
秩父氏歴代当主
次代:
秩父重綱