秩父ワイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秩父ワイン
cicibuwine
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
368-0201
埼玉県秩父郡小鹿野町
設立 1940年
業種 食料品
事業内容 ワイン醸造・販売
関係する人物 浅見源作
浅見慶一
外部リンク http://chichibuwine.co.jp/
特記事項:埼玉県で最初のワイナリー
テンプレートを表示

秩父ワイン(ちちぶワイン)は、埼玉県秩父郡小鹿野町ワイン醸造元。「源作印ワイン」で知られる[1]

沿革[編集]

1940年昭和15年)に浅見源作により設立された[1][2]、埼玉県で最初のワイナリーである[2][3]1933年(昭和8年)、秩父に初めてブドウを植えたのち[2]東京都千代田区神田の古書店で買い求めた川上善兵衛の『葡萄全書』(川上 1933)を参考に[1]、浅見源作と息子の浅見慶一によってワイン造りを開始[1]。当初は「秩父生葡萄酒」として売り出したものの、評判は悪く売れ行きの悪い時期が続いた[1][2]1959年(昭和39年)、2人のフランス人神父兄弟が来訪した際に絶賛したことをきっかけに人気が出始めた[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 渋谷康弘 (2004年3月29日). “vol.40 じつに自然で、飾り気なく” (日本語). 渋谷康弘の「乾杯 日本ワイン」. 朝日マリオンコム. 2012年9月6日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ a b c d e 浅見源作” (日本語). 埼玉ゆかりの偉人データベース. 埼玉県 (2010年3月19日). 2016年8月2日閲覧。
  3. ^ 秩父ワイン” (日本語). 辰巳琢郎のワイン番組. BSフジ. 2016年8月2日閲覧。

参考文献[編集]

座標: 北緯36度1分19秒 東経138度59分14.5秒