秦野テレビ中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秦野テレビ中継局

秦野テレビ中継局(はだのテレビちゅうけいきょく)は神奈川県秦野市に設置されているテレビ中継局である。

中継局概要[編集]

デジタルテレビ放送[編集]

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK
東京総合
13 1W 2.3W 垂直偏波 関東広域圏(茨城県、栃木県
及び群馬県を含まない)[1]
42,813世帯 2010年
3月19日[2]
2 NHK
東京教育
15 全国
3 tvk
テレビ神奈川
17 神奈川県
4 NTV
日本テレビ
32 2W 関東広域圏
5 EX
テレビ朝日
40
6 TBS
TBSテレビ
36
7 TX
テレビ東京
44
8 CX
フジテレビ
38
  • 所在地: 秦野市曽屋(権現山)[3]
  • 放送区域: 平塚市、秦野市、足柄上郡中井町の各一部[4][5][3]
  • 2010年2月5日に予備免許交付[4]3月12日に本免許が交付され[5]、3月19日に本放送を開始した[2]

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
47 NHK
東京教育
映像10W/
音声2.5W
映像25W/
音声6.3W
垂直偏波 全国 - -
49 NHK
東京総合
関東広域圏
51 NTV
日本テレビ
映像20W/
音声5.1W
20,600世帯[6] 1977年10月1日[6]
53 TBS
TBSテレビ
55 CX
フジテレビ
57 EX
テレビ朝日
59 TX
テレビ東京
- -
61 tvk
テレビ神奈川
神奈川県
  • 所在地: デジタルテレビ放送に同じ
  • 2011年7月24日をもってすべて廃止された

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 基幹放送普及計画(昭和63年郵政省告示第660号)(総務省電波利用ホームページ)
  2. ^ a b 地上デジタルテレビジョン中継放送局の開局について(NHK第1117回経営委員会(2010年4月27日開催)資料) (PDF) (日本放送協会)
  3. ^ a b 地上デジタルテレビ放送のエリア(神奈川県秦野中継局)(報道資料2010年3月12日) (PDF) (総務省関東総合通信局)
  4. ^ a b 管内24局の地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)を予備免許 - 秦野、横須賀鴨居、湯の沢中継局(報道資料2010年2月5日)(総務省関東総合通信局)
  5. ^ a b 管内56局の地上デジタルテレビジョン放送局(中継局)を免許 - 黒羽中野内、烏山神長、南那須志鳥、黒羽川上、秦野、横須賀鴨居、湯の沢中継局(報道資料2010年3月12日)(総務省関東総合通信局)
  6. ^ a b 『大衆とともに25年沿革史』(NTV社史)394頁「中継放送局一覧」

関連項目[編集]