秦琪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秦 琪(しん き)は、中国の通俗歴史小説『三国志演義』に登場する架空の人物。

物語中の活躍[編集]

姓名 秦琪
出身地 -
職官 将(夏侯惇の部将)
陣営・所属等 曹操
家族・一族 従父:蔡陽

曹操配下である夏侯惇の部将として、『演義』第27回に登場。同じく曹操配下である蔡陽の甥という設定。黄河の渡し口で、秦琪は劉備の下に戻ろうと船を捜す関羽と遭遇し、手形の提示を求める。関羽はこれを拒否し、口論の末、秦琪は薙刀を振りかざして斬りかかったが、わずか1合で、関羽の薙刀の一閃に首をはねられてしまう。秦琪の部下たちは、慌てて関羽のために船を用意している。

この後、関羽を追撃してきた夏侯惇の言によれば、秦琪は、蔡陽から直々に委ねられた大切な部下とされている。

参考文献[編集]