科学技術恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
科学技術恐怖症の脅威ともいえるコンピュータ

科学技術恐怖症(かがくぎじゅつきょうふしょう)もしくはテクノフォビア英語: Technophobia)は、先進科学技術や特にコンピューターなどの複雑な機械に対する恐怖症や嫌悪感である[1]。語源はギリシャ語で能力、技能、工作を意味するギリシア語: τέχνη(technē)[2]と恐れを意味するギリシア語: φόβος(phobos)[3])。 対義語にはテクノフィリア英語版がある。

概要[編集]

実験心理学者で、コンピューター教育学者のカリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校教授Larry Rosenは、科学技術恐怖症の3つの下位分類として科学技術を不快に思う使用者("uncomfortable users")、認知的コンピュータ恐怖症("cognitive computerphobes")、 コンピューター不安恐怖症("anxious computerphobes")を提示している[4]産業革命によって世界中の社会や共同体に大きく変化が起こった影響により、一部の人々が簡素で慎ましい生活への信念などの考え方を守るために科学技術の発展に対して断固たる反対の立場を示すようになったのが歴史的に確認できる初期の事例である。(例:19世紀初頭のイギリスにおけるラッダイト運動)

また、科学技術恐怖症の思想は「フランケンシュタイン」のような文学作品から「メトロポリス」のような映画までといった様々な作品にもみられる。それらのうちの多くの作品では科学技術の暗部を描いている。

Computers in Human Behaviorという学術雑誌によれば、1992年から1994年に各国の大学1年生に対する調査では3,392人の学生のうち高レベルの科学技術恐怖症を抱くものは29%に上ったとされる[5]。中でも日本人学生では58%、メキシコ人学生では53%が高レベルの科学技術恐怖症であった[5] 2000年からの調査によれば、およそ85-90%の組織の新人労働者が新しい科学技術に対する程度の差はあれ不快感や恐怖感を示しているという[6]

脚注[編集]

  1. ^ Definition of "Technophobia"”. Dictionary.reference.com. 2008年7月29日閲覧。
  2. ^ τέχνη, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus
  3. ^ φόβος, Henry George Liddell, Robert Scott, A Greek-English Lexicon, on Perseus
  4. ^ Gilbert, David, Liz Lee-Kelley, and Maya Barton. "Technophobia, gender influences and consumer decision-making for technology-related products." European Journal of Innovation Management 6.4 (2003): pp. 253-263. Print.
  5. ^ a b Weil, Michelle M.; Rosen, Larry D. (1995). “A Study of Technological Sophistication and Technophobia in University Students From 23 Countries”. Computers in Human Behavior 11 (1): 95–133. doi:10.1016/0747-5632(94)00026-E. 
  6. ^ Index - Learning Circuits - ASTD”. Learning Circuits. 2010年6月2日閲覧。

関連文献[編集]

  • Brosnan, M. (1998) Technophobia: The psychological impact of information technology. Routledge.
  • Dan Dinello Technophobia: Science Fiction Visions of Posthuman Technology
  • "Environmental History Timeline." 20 July 2008.

関連項目[編集]