秋重学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あきしげ まなぶ
秋重 学
生誕 (1967-08-24) 1967年8月24日(54歳)
日本山口県
職業 漫画家
活動期間 1992年 -
受賞ビッグコミックスピリッツ』野望大賞(「エース」)
テンプレートを表示

秋重 学(あきしげ まなぶ、1967年8月24日[1] - )は日本漫画家山口県生まれ、千葉県出身[1]

概要[編集]

1991年小学館の『ビッグコミックスピリッツ』で行われていた新人賞に相当する「野望大賞」をテニス漫画「エース」にて受賞[1]1992年に同作にて、『ビッグコミックスピリッツ』の増刊号でデビュー。以降同誌や現在は休刊となっている『ヤングサンデー』など小学館の青年誌で主に執筆活動をしている。デビューまでの4年間窪之内英策の下でアシスタントを務めていたとのこと[1]東映より映画化された『フライ,ダディ,フライ』など、金城一紀原作の「ゾンビーズ」シリーズの作画も担当した。

作品リスト[編集]

  • D-ASH(『ビッグコミックスピリッツ』、小学館、全5巻)
  • 宙舞(原作:小林信也、『ビッグコミックスピリッツ』、小学館、全3巻)
    1. 1999年4月27日発売[2]ISBN 4-09-185321-8
    2. 1999年5月29日発売[3]ISBN 4-09-185322-6
    3. 1999年8月30日発売[4]ISBN 4-09-185323-4
  • ニナライカ(原作:川崎ぶら、河出書房新社、全1巻) ※2006年に新装完全版としてコスミックインターナショナルより全2巻発行
  • 僕の夏は泳げずじまい(河出書房新社)、2001年6月13日発売[5]ISBN 4-309-72805-7
  • ヒドく澄んだ瞳(河出書房新社)、2002年2月27日発売[6]ISBN 4-309-72815-4
  • -學ビノ國-(まなびのくに)(小学館、全4巻)
    1. 2002年4月、ISBN 4-09-152691-8
    2. 2002年7月、ISBN 4-09-152692-6
    3. 2002年10月、ISBN 4-09-152693-4
    4. 2002年12月、ISBN 4-09-152694-2
  • レヴォリューションNo.3(原作:金城一紀、小学館、全3巻) ※「ゾンビーズシリーズ第1作」
    1. 2004年3月、ISBN 4-09-152695-0
    2. 2004年5月、ISBN 4-09-152696-9
    3. 2004年8月、ISBN 4-09-152697-7
  • フライ,ダディ,フライ(原作:金城一紀、小学館、全2巻) ※「ゾンビーズシリーズ第2作」[7]
  • 愛と青春の成り立ち(小学館)、2005年8月、ISBN 4-09-184567-3
  • SPEED(原作:金城一紀、小学館、全4巻) ※「ゾンビーズシリーズ第3作」
    1. 2006年5月、ISBN 4-09-151084-1
    2. 2006年9月、ISBN 4-09-151119-8
    3. 2006年12月、ISBN 4-09-151144-9
    4. 2007年4月、ISBN 978-4-09-151190-4
  • GO-ON!(小学館、全4巻)
    1. 2008年4月、ISBN 978-4-09-151322-9
    2. 2008年7月、ISBN 978-4-09-151364-9
    3. 2008年11月、ISBN 978-4-09-151398-4
    4. 2009年3月、ISBN 978-4-09-151425-7
  • ANRI THE BLOOD(小学館、既刊1巻)
    1. 2010年1月、ISBN 978-4-09-182868-2
  • ソウルリヴァイヴァー(原作・構成・キャラクターデザイン:藤沢とおる、『月刊ヒーローズ』(ヒーローズ) 2012年1月号 - 2015年1月号)全6巻
  • 短編連愛(原作:かないふみの、イースト・プレス)2013年7月4日発売、ISBN 978-4-781609492
  • 禁猟六区(原作:森橋ビンゴ、『月刊ヒーローズ』(ヒーローズ)2015年10月号(前編)・2015年11月号(後編)、2016年12月号 - 2018年7月号)
  • ゼウス -神々の王-(原作:天王寺大、『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)8月23・30日合併号[8](No.2673) - 、全2巻[9]
  • 依存白書(『マンガTOP』(日本文芸社)、既刊3巻)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 小学館ビッグコミックスピリッツでの『宙舞』に関するインタビュー記事『ナマズの巣16号』参考
  2. ^ 宙舞 ―そらん― 1”. 小学館コミック. 小学館. 2021年9月17日閲覧。
  3. ^ 宙舞 ―そらん― 2”. 小学館コミック. 小学館. 2021年9月17日閲覧。
  4. ^ 宙舞 ―そらん― 3”. 小学館コミック. 小学館. 2021年9月17日閲覧。
  5. ^ 僕の夏は泳げずじまい”. 河出書房新社. 2021年9月17日閲覧。
  6. ^ ヒドく澄んだ瞳”. 河出書房新社. 2021年9月17日閲覧。
  7. ^ 原作の発表順および漫画化の順は2番目であるが、舞台となっている時期としての順番はこの作品が最初である
  8. ^ “天王寺大×秋重学のタッグで描くクライムサスペンスがゴラクで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年8月9日). https://natalie.mu/comic/news/343164 2021年9月17日閲覧。 
  9. ^ “謎の女からの依頼は人気政治家の殺害、天王寺大×秋重学「ゼウス」2冊同時発売”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年2月28日). https://natalie.mu/comic/news/369067 2021年9月17日閲覧。 

外部リンク[編集]