秋空に舞うコンフェティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋空に舞うコンフェティ
対応機種 日本語版Windows 2000/XP/Vista/7
発売元 etude
ジャンル ADV
発売日 2010年8月27日
レイティング 18禁
キャラクター名設定 不可
エンディング数 4+α
セーブファイル数 90+10(Quick)
ゲームエンジン QLiE[1]
メディア DVD-ROM
画面サイズ 1024×640
キャラクターボイス あり
CGモード あり
音楽モード あり
回想モード あり
メッセージスキップ 既読/未読
オートモード あり
備考 初回限定版特典「サウンドトラック」

秋空に舞うコンフェティ』(あきぞらにまうコンフェティ)は、2010年8月27日etudeより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームである。略称は「秋コン[2]

概要[編集]

etudeの第3作目となる恋愛アドベンチャーゲーム。演劇部の主人公やヒロイン達が文化祭で上演する劇と、土地に伝わる伝説とが絡み合うファンタジーストーリーである。

「コンフェティ」(confetti)は英語で紙吹雪のことで、演劇舞台のフィナーレをイメージしてタイトルに付けられた。学生時代の青春ドラマと、みんなで一つのことをやり遂げる満足感を表現する狙いから来ている[3]

予約キャンペーンとして配布された『こずえDISC』を追加インストールすると、サブキャラクターの秋津こずえのショートストーリーが追加される。

ストーリー[編集]

秋津隼人は、公園で出会った不思議な少女が置き忘れたノートを拾ったのをきっかけに、それまでの平凡な生活が一変。通っている水無上(みなかみ)学園近くの丘で行き倒れていた少女・奏衣と同居、学園でも廃部寸前の演劇部へ入部することになってしまう。間近に迫った文化祭で上演するオリジナル劇のため、部員達と共に稽古に励む隼人だったが…。

登場人物[編集]

主人公[編集]

秋津 隼人(あきつ はやと)
本作の主人公。水無上学園2年生。アパートで一人暮らしの奨学生で、真面目に勉強しつつ貧しい暮らしをしている。家事は得意でちゃんと自炊している。両親は亡くなっており、学園入学前は妹のこずえと共に叔父の家で生活していた。困っている人を見ると放っておけない性格で、偶然助けた奏衣を部屋に置いてやったり、廃部寸前の演劇部へ入部することになってしまう。シスコンで妹のこずえを溺愛している。

水無上学園演劇部(ヒロイン)[編集]

伝統のある部だが、最近になって部員が1人転校して女子4人だけになってしまい、部の存続に必要な5人を欠いて廃部寸前だった。ヒロイン役の雪とまともに会話できる人材、という理由で(無理矢理)勧誘された隼人は、状況を見かねて入部することにした。間近に迫った文化祭では、地元に伝わる「セイレーンの歌」伝説を元に沙夜が脚本を執筆中のオリジナル劇を上演する予定。

奏衣(かなえ)
声 - 鈴田美夜子
学園の裏の丘・衣山(いざん)で行き倒れていた所を隼人に助けられ、隼人の部屋に居候することになった少女。どうやら記憶喪失らしく素性がはっきりしないが、何かを探しているらしい。「~の」「~なの」の語尾が口癖で、無邪気で人懐っこいが一般常識に疎く風変わり。最初から水無上学園の制服を着ていたが学園生かどうかも怪しく、朝は隼人と一緒に学園まで行った後、あちこちをふらふらして過ごしている。演劇部には入部していないが、よく遊びに来て練習を手伝っている。
安藤 沙夜(あんどう さや)
声 - 真中海
学園3年生で七海と同級。演劇部では脚本・演出を担当。いつもは強気ではっきりした物言い、憂えた時は美少女、落ち込んだ時は垂れてダメダメ、と変化が激しい。図書館で地元のセイレーン伝説に関する文献を調べ上げ、文化祭で上演するオリジナル劇の脚本を書いているが、なかなか進んでいない。家は神社で、父親が神主、自分は巫女を務めている。大のプリン好きで、料理もオムレツや目玉焼きなど卵料理しか作れない。
上城 雪(かみしろ ゆき)
声 - 須寺すばる
学園2年生で隼人のクラスメート。演劇部員で役者と照明担当。頭に着ける「七色のリボン」によって、おとなしく内気(赤リボン)、明るく行動的(青リボン)、クールな変わり者(黒リボン)、かわいい妹キャラ(黄リボン)、などと性格が様々に変化する特技(?)を持つ。リボンを外した素の雪は内気で恥ずかしがり。男性が苦手で、唯一隼人としか普通に話せない。文化祭の劇ではヒロイン役。
佐倉 七海(さくら ななみ)
声 - 澤田なつ
学園3年生。演劇部部長で衣装担当。隼人が住むアパートの管理人代理(親戚が大家)で、管理の仕事をする代わりにアパートの一室を安く借りて住んでいる。隼人とは子どもの頃からの知り合いで、こずえも交えてよく一緒に遊んでいた。おっとりほんわかした性格で、隼人の部屋へよく料理を差し入れてくる。台所は自分の縄張りと思っていて、家事モードに入った時は隼人に立ち入らせない。
二之宮 遥(にのみや はるか)
声 - 秋空真衣
学園2年生で隼人のクラスメート。演劇部員で役者兼音響。一人称は「ボク」。女好きで、自分にとって「ハーレム」だった演劇部へ入部してきた隼人を嫌っており、何かと突っかかって毒舌を浴びせる。
※演劇部員だが攻略はできない。

サブヒロイン[編集]

秋津 こずえ(あきつ こずえ)
声 - 紫華すみれ
隼人の妹。叔父の家でかわいがられて暮らしているが、時々兄の所へ遊びに来て、演劇部の練習も手伝っている。オカルト好きで、セイレーン伝説に興味を持って調べている。ブラコンで隼人が大好きで、七海のことも姉のように慕っている。
※標準ではサブキャラクターだが、予約キャンペーン特典「こずえDISC」を追加インストールすると、ショートストーリーが追加される。

サブキャラクター[編集]

波原 萌(なみはら もえ)
声 - 川谷そら
学園の教師。演劇部OGで現在は顧問。今も市民劇団に参加するなど、演劇には詳しい。容姿や言動が子どもっぽく、学生から良くからかわれつつも人気がある。「青春」が好きで、演劇部員がそれっぽいことをする度に「青春だわ!」と感動している。
剣崎 将斗(けんざき まさと)
声 - 空乃太陽
隼人の悪友の同級生。放送部所属で、演劇部の大道具の手伝いもしている。自意識過剰で思い込みが激しく、こずえに惚れていて始終アプローチしているが、隼人に「お前にこずえはやらん」と突っぱねられている。
白土 大吾郎(しらと だいごろう)
声 - 風霧瞬
学園教師。威圧的な学年主任で学生からは嫌われている。実績が無く部員も足りない演劇部を廃部にしようとする。
天神崎 加奈子(てんじんざき かなこ)
声 - 沢村かすみ
学生会役員。ルールに厳しく、演劇部を廃部にしようとする。
小牧 結菜(こまき ゆいな)
声 - 上杉由貴
学生会役員。
長谷川 ひな(はせがわ ひな)
声 - 佐々留美子
両親があまり家にいないため、よく1人きりで公園で遊んでいる女の子。人形の「るな」をいつも抱えている。
叶(かなえ)
声 - 桜田ゆう
沙夜の家の神社裏にある祠に眠る、荒魂(あらだま)の神。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「コンフェティ」
作詞:riya / 作曲・編曲:菊地創 / 歌:eufonius
挿入歌「祀龗の丘」
作詞:riya / 作曲・編曲:菊地創 / 歌:eufonius
エンディングテーマ「エピローグ」
作詞:riya / 作曲・編曲:菊地創 / 歌:eufonius

※初回限定版特典のサウンドトラックには「コンフェティ」「エピローグ」のショートバージョンとBGM全曲が収録。予約キャンペーン特典CD『Vocal Collection 「コンフェティ」』に、3曲のフルバージョンとインストゥルメンタルが収録されている。

関連商品[編集]

『秋空に舞うコンフェティ』オリジナルサウンドトラック
2010年8月27日発売。レーベル:frequency→e。主題歌3曲のフルバージョンを含む全27曲を収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

PUSH!!(2010年6月号) pp.88-89.

PUSH!!(2010年8月号) p.98.

外部リンク[編集]