秋田音頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋田音頭(あきたおんど)は、秋田県民謡1663年寛文3年)、久保田藩(秋田藩)主佐竹義隆に上覧した時に成立したといわれる。古くは単に「音頭」と呼ばれ、明治時代の始め頃に「秋田音頭」という名がついたと言われている[1]

三味線太鼓などの伴奏で滑稽な歌詞をリズミカルに並び上げるのが特徴。出だしの「ヤートーセー」(「ヤートーナー」とも)というかけ声以外はあまり音程がなく、7-7-9を基本としたリズムに乗せて台詞を述べ上げるだけである。いわゆるラップ地口のようなもの。

多くの歌詞があるが、「秋田名物八森鰰…」と秋田名物を並べたものが有名である。その他にも、小野小町が秋田美人の代表であるなどを歌った有名な歌詞がいくつかあるが、即興でおもしろおかしい事を歌うというのが本来であった。長らく庶民の間では時事風刺や春歌として歌い継がれていたが、他の民謡同様、レコード産業やラジオ放送コードの出現によって、「お国自慢」の歌詞が最も有名である。

代表的な歌詞[編集]

東能代駅にある秋田音頭の案内板つきベンチ
  • (ヤートーセー)コラ、秋田音頭です(ハイ、キタカサッサー、コイサッサー、コイナー)
  • コラ、いずれこれより ご免こうむり音頭の無駄を言う(アーソレソレ)お気に障りもあろうけれどもさっさと出しかける
    (以降、歌詞の終わりに「ハイ、キタカサッサー、コイサッサ、コイナー」のかけ声が入る)
  • コラ、秋田名物 八森男鹿で男鹿ブリコ(アーソレソレ)能代春慶桧山納豆大館曲げわっぱ
  • コラ、秋田の女ごは 何してきれ(い)だと訊くだけ野暮だんす(アーソレソレ)小野小町の生まれ在所をお前(め)はん知らねのげ
  • コラ、何につけても 一杯飲まねば 物事はかどらね(アーソレソレ)飲めば飲むほど気持コ開けて 踊りコなど出はる
  • コラ、秋田名物 コの字づくしをつまんで言うならば(アーソレソレ)坊ッコにガッコ笠ッコに小皿コ 酢コに醤油ッコ
  • コラ、巡査が来たたて 消防署来たたてちっともおっかなぐね(アーソレソレ)えーごどしねだて悪いごどさねば でっきりおっかなぐね
  • コラ、秋田の国では雨が降っても唐傘などいらぬ(アーソレソレ)手頃なの葉さらりとさしかけ サッサと出て行かえ
  • コラ、秋田良い所(とこ) 名物沢山東北一番だ(アーソレソレ)金山木山に花咲く公園 美人が舞い踊る
  • コラ、秋田川反 日暮れに通ったばピカピカ飛んで来た(アーソレソレ)蛍と思ってギッシリ掴んだっきゃ 隣のハゲ頭
  • コラ、お前(め)がたお前がた 踊りコ見るならあんまり口開ぐな(アーソレソレ)今だばええども春先などだば 雀コしっこかける
  • コラ、時勢はどうでも 世間は何でも踊りッコ躍らっせ(アーソレソレ)日本開闢天の岩戸も 踊りで夜が明けた
  • コラ、太平山から 四方の景色を覗いてみたなれば(アーソレソレ)船はたくさん大漁万作 秋田は大繁盛
  • コラ、タンポさ鰰 塩汁貝焼(しょっつるかやぎ)で秋田の味がよい(アーソレソレ)月給が高くて仕事が楽なら なんぼええべがな
  • コラ、汽車も速いし 電車も速い電信なお速い(アーソレソレ)何でもかんでも速いどこいったば 足袋穿いで足洗った
  • コラ、オラ家(や)の婆(ば)さまと隣の婆さま青森見物に(アーソレソレ)目腐れ眼(めぐされまなこ)で函館見つけてアメリカあこだべげ

踊り[編集]

秋田市土崎港で毎年7月20日・21日に行われる曳山祭り「みなと祭り」(土崎神明社祭の曳山行事)では、しばしば曳山の運行を止めて踊り(演芸)の披露が行われるが、その中でも、どの町内の曳山でも踊られる[1]スタンダードナンバーが秋田音頭である。

もともと、柔術の型を踊りに取り入れた振り付けであったと言われる[1]

また能代市で毎年9月に行われるおなごりフェスティバルの中ではダンス教室による「秋田おなごり音頭」が披露されるが、これは秋田音頭を現代風にアレンジしてダンスを振り付けしたものである。

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 土崎神明社奉賛会『曳山 土崎神明社祭の曳山行事伝承活用テキスト』秋田市教育委員会、2002年、68頁
  2. ^ 完全無欠のロックンローラー アラジン 歌詞情報(goo音楽)