秋田県農業協同組合中央会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋田県農業協同組合中央会
秋田県JAビル
本部が所在する秋田県JAビル
代表理事会長 斉藤一志(JA秋田たかのす会長理事)
設立日 1954年10月30日
本部
所在地 010-0976
秋田県秋田市八橋南二丁目10番16号
秋田県JAビル
外部リンク http://www.ja-akita.or.jp
テンプレートを表示

秋田県農業協同組合中央会(あきたけんのうぎょうきょうどうくみあいちゅうおうかい)は、秋田県秋田市本部を置く農業協同組合中央会農業協同組合法上は、農業協同組合連合会)。県内の農業協同組合の指導事業を行う上位組織である。

概要[編集]

県内JAに対する経営指導や生産者・消費者向けの広報活動のほか、JA全中、県内自治体との連絡調整等を業務として担う[1][2]。 また中央会発足時から、秋田県種苗交換会を主催している[3]

再編[編集]

1991年開催の県JA大会で、JA秋田中央会は当時88あったJAを13にする再編案を決議した。これに則り、県内のJAは広域合併で16までに再編された[4]

その後、農家の高齢化や担い手不足が深刻化し、経営の効率化ならびに財務基盤の安定化を図るべく、再編の機運が高まった。これを受け、2009年11月の県JA大会において、県内16JAを5つを目処に再編する案が決議された[4]。そして、協議が開始され、県南部ではJA秋田ふるさとJAおものがわJAこまちJAうごが合併協議を進めていたが、協議がまとまらなかった。このため、JA秋田ふるさとはJAおものがわだけとの合併を選択。2012年4月1日に両JAは合併。新「JA秋田ふるさと」として発足した。

県下14JA統合へ[編集]

JA秋田組織整備・経営改革推進本部委員会は、2018年10月17日に中央会の幹部や県下14JAの組合長らが出席し委員会を開催。県単一の組織を目指す方針を全会一致で議決した[5]、これを受け、同年11月28日に開催の県農協大会で、2024年度をめどに県内全14農協の一本化を目指すことを決議。2019年4月をめどに14農協の役職員で構成する研究会組織を設け、協議を本格化させるとしている[6]。しかし、JA統合をめぐっては、赤字を抱えたJAがあるなどそれぞれの財務状況に差があり、調整が難航すると予想されるとNHK秋田は報じている[7]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ JA秋田中央会の紹介”. JA秋田中央会. 2017年10月22日閲覧。
  2. ^ JA全中による事業等の概要”. JA全中. 2017年10月22日閲覧。
  3. ^ “低コスト化テーマに談話会 県種苗交換会”. 秋田魁新報. (2018年11月1日). https://www.sakigake.jp/news/article/20181101AK0014/ 2018年12月1日閲覧。 
  4. ^ a b 「農協16 5に再編構想 組合員数減で財務強化」『読売新聞』秋田版 2009年10月24日
  5. ^ “秋田県の全14JAの統合を決定 中央会委員会”. 日本経済新聞. (2018年10月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36598260X11C18A0L01000/ 2018年12月1日閲覧。 
  6. ^ “<秋田1農協化>大会で方針を決議 来年4月めどに研究会”. 河北新報. (2018年11月29日). https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181129_41017.html 2018年12月1日閲覧。 
  7. ^ “14JAを単一に統合 正式決定”. NHK NEWS WEB 秋田 NEWS WEB. (2018年11月28日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/akita/20181128/6010002505.html 2018年12月1日閲覧。 

外部リンク[編集]