秋田拠点センターアルヴェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
秋田拠点センターアルヴェ
ALVE
秋田拠点センター アルヴェ
秋田拠点センターアルヴェの位置(秋田県内)
秋田拠点センターアルヴェ
情報
用途 複合施設
設計者 日建設計大成建設
施工 大成・日商岩井共同企業体
建築主 秋田市、秋田新都心ビル、パーク24、シグマ、社会福祉法人晃和会
管理運営 秋田市(公共棟)
秋田新都心ビル(民間棟)
パーク24(駐車場棟)
シグマ(ホテル区分)
社会福祉法人晃和会(福祉施設区分)
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造及び鉄骨造
駐車場棟のみ鉄骨造
延床面積 35,598.79m2
階数 地上14階
高さ 61.9m (軒高58.5m)
着工 2002年(平成14年)10月18日
竣工 2004年(平成16年)5月31日
開館開所 2004年6月1日東横イン秋田駅東口)
2004年7月16日(グランドオープン)
所在地 010-8506
秋田県秋田市東通仲町4番1号
座標 北緯39度42分57秒 東経140度7分52秒 / 北緯39.71583度 東経140.13111度 / 39.71583; 140.13111
テンプレートを表示

秋田拠点センターアルヴェ(あきたきょてんセンターアルヴェ)は、秋田駅東口にある14階建ての複合施設。秋田市デベロッパー双日大成建設)の官民共同で設営され、2004年に落成したもので、管理・運営は区分所有に基づき双日の関連会社、秋田新都心ビル株式会社や秋田市など5団体が行う。

概要[編集]

秋田駅東口の周辺には、かつて国鉄清算事業団の所有する秋田機関区秋田支区の跡地や林野庁秋田営林局の所管する仁別森林鉄道ターミナル兼貯木場跡地などが約30ヘクタールほど広がっており、そのうち8.3ヘクタールが大規模空閑地となっていた[1]

1993年度に秋田市による駅周辺を都市計画道路によって環状ネットワーク化し、駅東口に新しい交通結節点機能として駅前広場を設け、さらに賑わい創出の拠点とすべく複合施設を整備することを眼目とする「秋田駅周辺地区新都市拠点整備事業」が建設大臣に申請され事業認可された。事業認可に基づき1994年度から1996年度にかけ、国鉄清算事業団から秋田市が秋田駅東地区3.3ヘクタールを購入した。また1993年度から1995年度までに新都市拠点整備事業の基幹事業となる秋田駅東第三地区土地区画整理事業、秋田駅西北地区土地区画整理事業、秋田駅東拠点地区土地区画整理事業の3事業が着手された[1]

秋田拠点センターアルヴェは、整備手法として事業コンペティション方式を取り入れ、1999年大成建設を中心とする5企業による案を採択した[1]。ビルは2002年10月に着工し、2004年7月16日オープンした。事業費は52億30百万円[2]。オープン初日には午後4時までに約2万人が訪れた[3]住居表示2006年1月31日まで「秋田市中通七丁目1番3号」であった。中通が駅西口の住所であったため、秋田市民の一部は違和感を抱いていたとの声も聞かれる。

開業当時、水野晴郎プロデュースのシネコンパンテオンシネマズAKiTA」が大きな話題を提供して出店したが、テナント料の問題等で民事訴訟に発展し、2005年11月16日、東京地裁は水野らに明け渡しとテナント料4200万円の支払いを命じる判決を下した[4]。判決に先立って同年10月からパンテオンシネマズAKiTAも休館となり、後継会社が見当たらないことから看板店舗を一時失った。その後アルヴェの活気を取り戻そうと、2006年8月5日から同年9月15日までの期間限定で、既存のテナントで組織する組合が「駅の映画館 AKITAシアター」の名称で、映画館を一時再開した。この期間中は2つのスクリーンでの限定公開だったものの、採算ラインを上回ったため、同年9月16日以降も採算ラインを割るもしくは長期的に運営できるテナントが見つかるまでの間、運営が続行されることになった。その後2006年11月に入り、岩手県盛岡市で名劇、ルミエール、ピカデリーなど5館の映画館を展開する南部興行が運営の継承を正式に表明した。同社は「AKITAシアター」の名称を踏襲し、同年11月18日から営業を始めた[5]2007年4月25日、テナント契約更新を機に(当初の暫定半年契約から、10年契約に延長し、更新した)、ルミエール秋田と改称した[6]

東横イン秋田駅東口(当該施設は、全国的に問題となった建築基準法違反にはなっていなかった)も入居しているほか、公共棟の1Fには秋田市の証明書等の発行窓口(土日祝も窓口を開けている)も設置されている。

2008年3月3日には、隣接地(秋田市東通仲町4番2号)に秋田市山王からNHK秋田放送局が新築移転しアルヴェと通路でつながった。建設地は市有地であったが秋田市がNHKと土地の等価交換を実施[7]。旧NHK秋田放送局跡地は秋田市役所の駐車場とされたのち、新庁舎の建設予定地となった。また登記簿上では、NHK秋田放送局は秋田拠点センターアルヴェの別館扱いになっている。

一部を除く民間棟テナントで利用可能な、アルヴェメンバーズカードを三菱UFJニコス(←秋田ニコス←秋田日本信販)と共同で発行している。ポイントカード機能のみのものと、NICOS/MasterCardのクレジット機能付きのものがある。医院・診療所でも使えるケースがある。ポイントは2年間有効である。

秋田テレビがミニショップ「Al◆Ve・AKT情報局」を出店させていたが、2005年7月28日に一時改装を理由として閉鎖、その後当地で再開することなく、2005年9月16日にイオン秋田ショッピングセンター(現・イオンモール秋田)・中三内に「AKT情報局-NAKASAN-」として移転、改称した。2008年10月の中三閉店に伴い、秋田市保戸野千代田町にある、秋田テレビ運営の住宅展示場であるAKTハウジングセンター内に再度移転している。

民間高層棟テナント[編集]

1階[編集]

2階[編集]

3階[編集]

4階[編集]

5階[編集]

  • ひだまりケアサービスセンター(養護老人福祉施設/デイサービス)

6階[編集]

7階[編集]

8階~13階[編集]

14階[編集]

民間低層棟テナント[編集]

2階

駐車場棟[編集]

1階~3階

公共棟[編集]

秋田市民交流プラザ[編集]

1階
2階
3階
  • 市民交流サロン
4階
  • 自然科学学習館
  • 市民活動センター
    • 洋室A、B、C
    • 和室
    • 調理室
5階
  • 自然科学学習館
  • 子ども未来センター

付記[編集]

山形駅西口の霞城セントラル内にある山形県立霞城学園高等学校のように、落成当初は秋田経済法科大学附属高等学校(現:明桜高等学校)のあるコース専用の校舎としてフロア活用が検討されていたが、学校設置基準に見合わないことから入居を見合わせた経緯がある(一部報道では、廊下の幅や天井の高さ、手洗いなどの設備面の問題があるとも云われていた)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「秋田駅周辺地区まちづくり総合支援事業について--駅周辺のまちづくり」『新都市』2000年10月号
  2. ^ 「JR秋田駅東口 拠点センター 民間施設 2004年7月オープン」『読売新聞秋田版』2002年8月21日
  3. ^ 「JR秋田駅東口にアルヴェ開館 2万人訪れ記念式典」『朝日新聞秋田版』2004年7月17日
  4. ^ 「水野晴郎氏側が敗訴 東京地裁、未払い料支払い命令 シネコン訴訟」『朝日新聞秋田版』2005年11月17日
  5. ^ 「アルヴェ、全館上映復活 盛岡の興行会社運営 18日再開」『朝日新聞秋田版』2006年11月8日
  6. ^ 「ルミエール秋田 新装オープン 秋田駅東口 アルヴェ」『朝日新聞秋田版』2007年4月26日
  7. ^ 「NHKの新秋田放送会館が起工 総事業費40億円」『読売新聞秋田版』2005年4月24日

外部リンク[編集]