秋田寅之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋田 寅之介(あきた とらのすけ、1875年明治8年)4月1日[1] - 1953年昭和28年)9月11日[2])は、日本政治家衆議院議員(立憲政友会[3]、下関市会議員・同議長[4][5]資産家[6]実業家。秋田商会社長[5]。旧姓・秋富。族籍は山口県平民[1][4]

人物[編集]

山口県厚狭郡藤山村(現宇部市)生まれ[3]。秋富傳五郎の二男[5][7]。秋富久太郎の弟[5][7]。先代松次郎の養子となり、1917年家督を相続する[5][7][8]。合資会社秋田商会を創立し、その社長となって木材売買運送及び海外貿易の事業に従事する[1]。満鮮、支那台湾等に商取引をなす[5]

秋田商会、満龍鉱業、青島製粉、関門商事、関門ビルブローカー、馬関毎日新聞、日満商事、南海金山、朝鮮鉱山各社長、秋富商事、対馬銀行各取締役、東洋木材相談役等を務めた[4][5][7][8]

業務の傍ら公共事業に尽くす[1]。1917年、衆議院議員に当選[5]。立憲政友会に所属[3]。趣味は書画囲碁[5][7]。宗教は仏教[5][7]

家族・親族[編集]

秋田家

兵庫県芦屋市平田町、山口県下関市東南部町[1][5]

1855年 -
  • 養母・ツル[1]
1860年 -
  • 妻・コト(養父・松次郎の長女、秋田商会無限責任社員)[5]
1877年 -
  • 養子・三一(旧姓・武光、材木商海運貿易鉱業、貴族院議員、山口県多額納税者)[4][5]
1895年 - 1987年
  • 長女・梅子(秋田三一の妻)[5]
1899年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 第5版』あ78頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月25日閲覧。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』16頁。
  3. ^ a b c 『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』340頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月25日閲覧。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第7版』あ103頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録 第13版 上』ア69-70頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月25日閲覧。
  6. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』10頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 『人事興信録 第12版 上』ア84頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月25日閲覧。
  8. ^ a b 『人事興信録 第8版』ア65頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年6月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 衆議院事務局編『衆議院議員略歴 第1回乃至第19回』衆議院事務局、1936年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。