秋田八幡平クマ牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
秋田八幡平クマ牧場[1]
施設情報
前身 有限会社八幡平熊牧場[1]
専門分野 動物園(クマ牧場)
園長 長崎貞之進(経営者)
面積 20,000m2[2]
頭数 29頭(2011年5月18日現在)[2]
主な飼育動物 ヒグマ[3]
開園 1987年7月16日[1]
閉鎖 2012年6月1日[4]
所在地 018-5141
秋田県鹿角市八幡平字切留平10-1
位置 北緯40度1分28.4秒東経140度49分13秒座標: 北緯40度1分28.4秒 東経140度49分13秒
アクセス 鹿角花輪駅よりバスで30分「八幡平熊牧場前」下車
東北自動車道鹿角八幡平ICから車で20分
テンプレートを表示

秋田八幡平クマ牧場(あきたはちまんたいクマぼくじょう)は、秋田県鹿角市の八幡平熊沢外国有林内(十和田八幡平国立公園八幡平地域そば[5])にあったクマの動物園(テーマパーク観光牧場)。八幡平クマ牧場とも呼ばれていた。

概要[編集]

国道341号沿いの八幡平温泉郷の温泉施設が点在する山中にあり、ヒグマツキノワグマコディアックヒグマが展示され、クマの飼養場が複数あり、餌付け用のクマのおやつの販売などを行っていた[2]。園内には釣り堀も併設されており、入園料は大人500円・小学生以下300円。10月下旬から4月下旬までは冬期閉園[6]。従業員3名の零細企業であった。

2012年4月、飼育員がヒグマに襲われ2名が死亡する事故が発生したため休園し、同年6月に閉園した[4][7]

クマ事件[編集]

2012年4月20日に、ヒグマ6頭が脱走する事件が起き、女性従業員2人が死亡した。事件後、牧場の管理者らが逮捕され、牧場も閉鎖に追い込まれた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 秋田八幡平クマ牧場について 1 秋田八幡平クマ牧場の経営等の状況秋田県 生活衛生課 (PDF) 秋田県 生活衛生課
  2. ^ a b c 八幡平クマ牧場について 秋田県 生活衛生課 (PDF)
  3. ^ 秋田八幡平クマ牧場における従業員の死亡事故について秋田県 生活衛生課 (PDF)
  4. ^ a b “クマ「けんか」で淘汰…牧場元経営者が削減計画”. 読売新聞. (2012年6月26日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120626-OYT1T00015.htm 2012年6月28日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ 十和田八幡平国立公園 公園紹介 八幡平地域 (PDF 1,283KB) (PDF) 環境省自然環境局 クマ牧場は特別地域の北、志張温泉付近に位置する。
  6. ^ 八幡平熊牧場”. 社団法人秋田県観光連盟. 2012年4月22日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 行き場ないクマ29頭…「牧場」すべて断られる 読売新聞、2012年5月9日[リンク切れ]

関連項目[編集]