秋山貴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あきやま たかひこ
秋山 貴彦
本名 秋山 貴彦
生年月日 (1963-07-12) 1963年7月12日(56歳)
出生地 日本の旗 日本東京都江東区
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
VFXスーパーバイザー
株式会社4Dブレイン代表取締役
Tokyo XR Startupsメンター
VFX-JAPAN元代表理事
株式会社Live2D顧問
東京造形大学元特任教授
ジャンル 実写映画
アニメーション
CGVFX
主な作品
映画
河童
ACRI
Final Fantasy
HINOKIO
魔女の宅急便
DMM VR Theater
hide crystal project presents RADIOSITY』
テンプレートを表示

秋山 貴彦(あきやま たかひこ、1963年7月12日 - )は、日本映画監督VFXスーパーバイザー、株式会社4Dブレイン代表取締役、Tokyo XR Startupsメンター[1]東京都江東区出身。

来歴[編集]

東京造形大学在学中より「平凡パンチ」、「流行通信」、「月刊ログイン」、「月刊小説王」連載の「帝都物語」(荒俣宏原作)の挿絵など、怪奇、幻想イラストを手掛ける。

1985年、ログイン誌上掲載のコンピュータゲームの仕事をきっかけにCGの世界に惹かれる。

1987年、CGプロダクションのトーヨーリンクス(現IMAGICA)に入社。

1988年、大学の卒業制作で監督した8mm映画『宇宙虫』が、ぴあフィルムフェスティバルに入選。

1990年国際花と緑の博覧会で上映されたNTT/KDD共同館の70mmドーム映像『THE NATURE』のCGディレクションを手掛けNCCA'91VFX賞を受賞。

以後、CM博覧会、ライドシミュレーター映像などの映像ディレクターとして数々の国際賞を受賞。中でも1994年、ライドシミュレーター映像『IGI -Inter Galactic Interface-』は、モナコの国際映像祭Imaginaで『ジュラシック・パーク』を抑えグランプリを獲得[2]

1994年、石井竜也監督『河童 (1994年の映画)』のSFXスーパーバイザーを務める。

1995年、トーヨーリンクスを退社し、独立。

1996年、全編オーストラリアで制作した石井竜也監督『ACRI』で邦画界初のVFXスーパーバイザーを名乗る。

2001年、史上初のリアルなCGキャラクターが登場する映画『ファイナルファンタジー (映画)』のCGディレクター及びVFXアートディレクターを務め世界的な評価を得る。同年、ギャガプロダクションカンパニー及びグローバルコンテンツグループのヴァイスプレジデントとして、映画企画製作を担当。

2003年オーヴァーロード・ピクチャーズを設立。同社第一回企画作品として原案、監督、共同脚本、VFXスーパーバイザーを務めた映画『HINOKIO』が全国及び世界38カ国で公開[3]。 イラン及び、フランスの映画祭で最優秀外国映画賞を受賞。また同映画のVFXでは日本映画テレビ技術協会の2005年度映像技術賞[4]と2005年度日本映画テレビ技術大賞(経済産業大臣賞)[5]を受賞。

2006年日本香港タイ王国の合作サイコホラー・オムニバス映画『Black Night』の一遍を監督。同年、韓国映画九尾狐家族英語: The_Fox_Family』のVFXスーパーバイザーで7ヶ月間韓国に滞在。

2007年、米国ロサンゼルスに渡り『スピーシーズ4 新種覚醒』のVFXを手がける。2008年、4KHD高精細度映像の『関ケ原の合戦』(デジタルハリウッド)の共同監督、VFXスーパーバイザーを務める。

2009年、米国法人オータムマウンテン・ピクチャーズを設立。2010年、新たなエンターテイメントサービスを目論む為のベンチャー、株式会社4Dブレインを設立。

2011年、来たるべきVRエンターテイメントの時代に備え、広視野角HMDを使った没入型コンテンツを制作“IDE –Immersive Digital Entertainment”と名付けバーチャルリアリティ展などで発表。株式会社Live2D社外取締役就任。

2012年、VFX業界の興隆、活性化を目的とした一般社団法人VFX-JAPANを設立、代表理事に就任。2013年、東京造形大学特任教授就任。

2014年、実写版『魔女の宅急便』VFXスーパーバイザーを務める[6][7]

2015年、『グラスホッパー』のCGI スーパーバイザー[8]。『GAMERA』生誕50周年記念映像のVFXスーパーバイザー。hide crystal project presents RADIOSITY (DMM VR Theater)のビジュアルエフェクトプロデュース兼、アニメーションディレクターを務める[9]

2016年、Tokyo VR Startups(現Tokyo XR Startups)メンター就任。

2017年公開、アレハンドロ・ホドロフスキー監督『エンドレス・ポエトリー』では撮影が南米チリで行われ、オンセットVFXスーパーバイザーを務めた。

2019年、企画制作を手掛けた『IGT-VR』(インターギャラクティック・トラベル VR)が、VFX-JAPANアワード2019 先導的視覚効果部門 優秀賞を受賞した。

映像作品[編集]

DMM VR Theater[編集]

  • hide crystal project presents RADIOSITY(2015年)※Visual Effects Produce & Animation Director[10][11]

VR[編集]

  • IGT-VR「インターギャラクティック・トラベル VR」(2018年)※企画制作

映画[編集]

インターネット配信ドラマ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

CM、TV、ライド映像、その他[編集]

  • GAMERA 生誕50周年記念映像(2015年)※VFX スーパーバイザー

イラストレーション(挿絵)[編集]

自主映画[編集]

著書、監修[編集]

  • 「デジタルの仕事がしたい」杉山知之編(2003年、岩波ジュニア新書)共著
  • 「監督バイブル」(2005年、宙出版)インタビュー
  • 「ディジタル映像表現-CGによる映像制作-<改訂版>」(2006年、CG-ARTS協会)共著
  • 「VESビジュアルエフェクトハンドブック(上巻)>」(2012年、ボーンデジタル)監修
  • 「VESビジュアルエフェクトハンドブック(下巻)>」(2013年、ボーンデジタル)監修
  • 美術手帖 光と魔法の映画術 ILMが創造したリアル」(2015年、美術出版社)寄稿

受賞歴[編集]

映画
CM、TV、ライド映像、その他

審査員、評議員[編集]

シンポジウム、パネリスト[編集]

講演、講義[編集]

会員[編集]

インタビュー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TVSメンター紹介(五十音順) tokyovrstartups.com
  2. ^ 職人の仕事観を発信するwebサイト artisans-of-japan.com
  3. ^ デジタル最前線 映画「HINOKIO」で、子供たちが未来に飛翔する勇気を与えたい CG-ARTS協会
  4. ^ 映像技術賞 受賞一覧”. 2017年7月31日閲覧。
  5. ^ 日本映画テレビ技術大賞(経済産業大臣賞)受賞一覧”. 2017年7月31日閲覧。
  6. ^ 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014」レポート<2> 京楽ピクチャーズ. PRESENTS 映画『魔女の宅急便』メイキング CGWORLD.jp
  7. ^ DEXS 2014 in FUKUOKA REPORT CG&VFX session 映画『魔女の宅急便』VFXメイキング DEXS
  8. ^ VFXアナトミー:映画『グラスホッパー』(VFX制作:ピクチャーエレメントほか) CGWORLD.jp
  9. ^ 人間っぽさ”の先の映像表現へ DMMが世界初ホログラフィック専用劇場を公開 IT mediaニュース
  10. ^ 【YOSHIKIインタビュー】DMM VR THEATER『hide crystal project presents RADIOSITY』 株式会社DMM.futureworks
  11. ^ 【PATAインタビュー】DMM VR THEATER『hide crystal project presents RADIOSITY』 株式会社DMM.futureworks
  12. ^ PFFアワード1988 ぴあフィルムフェスティバル
  13. ^ CGとVFXの祭典「京楽ピクチャーズ. PRESENTS VFX-JAPANアワード2017」表彰式レポート CG WORLD.JP
  14. ^ 東京造形大学 アニメーション専攻領域創設15周年記念「造形アニメーションのすべて」を開催いたします 東京造形大学
  15. ^ ハリウッドVFXの総本山VES(Visual Effects Society)紹介セミナー 一般社団法人VFX-JAPAN
  16. ^ 「VR 360 電影論壇」上午場「VR與我」★ VR電影論壇 360°穿透新視野 ★ 高雄映画祭
  17. ^ 映像表現・芸術科学フォーラム2018プログラム 芸術科学会

外部リンク[編集]