秋山安三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋山 安三郎(あきやま やすさぶろう、1886年3月9日 - 1975年6月19日[1])は、日本の演劇評論家、随筆家。

来歴[編集]

東京市浅草生まれ。9歳で奉公に出され、のち少年記者となり、銀行、外人商館、郵便局、横浜市役所などで働き独学する。1909年「二六新報」に入社。その後国民新聞報知新聞で演劇記者として活躍。1923年東京朝日新聞に入社。1941年朝日新聞定年後も劇評を担当した。

歌舞伎や大衆演劇に精通し、1961年日本演劇協会功労賞受賞(永年にわたって担当した「朝日新聞」の劇評により)[2]

1966年第1回長谷川伸賞受賞 [3][4]

著書[編集]

  • 『鉛筆書きいろいろ』私家版 1939 のち小山書店
  • 『続鉛筆書きいろいろ』小山書店 1941
  • 『町の随筆』六興出版部 1948
  • 『東京えちけっと』創元新書 1953
  • 『みつまめ随筆』朝日新聞社 1955 (朝日文化手帖) 1955
  • 『女がそろそろ洋服を着はじめた頃の出来事 新鉛筆がきいろいろ』創造社 1955
  • 『愛妻物語』有紀書房 1962
  • 『東京っ子』朝日新聞社 1962
  • 『随筆ひざ小僧』雪華社 1966
  • 『人生玉ころがし』永田書房 1974
  • 『下町今昔』永田書房 1976

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日本人名大辞典
  4. ^ 20世紀日本人名事典