秋山儀四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あきやま ぎしろう
秋山 儀四郎
生誕 1845年????
備中国倉敷(現岡山県倉敷市
死没 (1915-10-27) 1915年10月27日(70歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 実業家

秋山 儀四郎(あきやま ぎしろう、1845年 - 1915年10月27日)は、岡山県倉敷市出身の実業家

来歴[編集]

1845年備中国倉敷で生まれる[1]。生家である天城屋は、代々米問屋味噌の製造を兼業していた[1]

14歳で家業を手伝い[1]、後に伯母の繁井屋を継ぎ、米問屋を経営[1]した。

1865年大坂堂島仲買を始める[1]明治維新の際に一旦岡山へ帰り、「繁儀」の商号で米穀仲買を営む[1]

1870年、再び堂島で開業[1]する。1884年、堂島で売買両派の対立があった際、売派の頭取の五代友厚一派の不正を摘発し、注目された[1]

1892年、堂島より引退[1]する。

引退後は、大阪演芸会社を設立し、浪速の二座を経営[1]する。売上金を、閑谷学校の維持費、岡山県武学生養成会基金などへ多額の寄付をした[1]

1915年10月27日死去。享年71。

エピソード[編集]

日清戦争の前、陸軍の廃銃、5800挺の払い下げを受け、清国へ売却しようとしたが、両国の交戦が激しくなると考え、契約を破棄し、廃銃は全国の中等学校へ寄贈した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『岡山人名辞典』9頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]