秋元千明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋元 千明(あきもと ちあき)は、英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)アジア本部の所長。

早稲田大学卒業。元NHK解説委員。担当分野は安全保障だった。

来歴・人物[編集]

NHKの番組での解説、シンポジウムでの司会・パネリスト、講演等を行っていた。

2006年には大阪大学での「9/11総選挙後の日本の外交・安全保障政策の行方」と題するプログラムで、大阪大学大学院国際公共政策研究科の教授星野俊也、助教授ロバート・エルドリッジアジア太平洋安全保障研究センター(APCSS)の助教授佐藤洋一郎と討論[1]

2012年、NHKを退職し、英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)アジア本部、通称RUSI Japanの所長に就任した。その後、RUSI Japan評議会議長には英国秘密情報局(MI6)の元長官、サー・ジョン・スカーレットが、副議長には元防衛事務次官の西正典氏がそれぞれ就任した。

2012年11月の防衛省技術研究本部が開催した防衛技術シンポジウム2012では、「将来技術との融合を目指して!新たな時代を拓く防衛技術の在り方を多面的に考える」と題するプログラムで、ものつくり大学名誉学長神本武征、元防衛省技術研究本部長佐々木達郎三菱重工業西岡喬などと共にパネルディスカッションを行った[2]

2013年、日英安全保障協力を促進するためのプロジェクトとして、日英安全保障会議を初めて開催。英国側主催者として笹川平和財団とともに、エリザベス女王次男のアンドルー王子を東京都内に招聘。会議では安倍晋三首相が基調講演を行い、日英の安全保障協力を強力に進める方針を表明した。以来、日英安全保障会議はロンドンと東京で定期開催されており、RUSIは日英安全保障協力の促進を側面から支援している[3]。また、定期的に小規模なランドテーブルを非公開で開催し、英国の専門家を東京に招き、日本の専門家との議論の場を提供している。

過去の担当番組[編集]

著述[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CISSP(国際安全保障研究センター)コロキアム始動』、大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)『オシップ・ニューズレター』、2006年
  2. ^ 技本弘報・防衛省技術研究本部弘報』、防衛省技術研究本部総務部総務課、2013年。
  3. ^ 首相官邸基調講演』、内閣総理大臣安倍晋三。2013年。