郁文館中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
私立郁文館学園から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
郁文館中学校・高等学校
Ikubunkan Yume Gakuen.JPG
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人郁文館夢学園
設立年月日 1889年11月13日
創立者 棚橋一郎
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 13563B
所在地 113-0023
東京都文京区向丘二丁目19番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
郁文館中学校・高等学校の位置(東京都区部および多摩地域内)
郁文館中学校・高等学校

郁文館中学校・高等学校(いくぶんかんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都文京区向丘二丁目に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校高等学校。高等学校では、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間で、第2学年から混合してクラスを編成する併設型中高一貫校である[1]。ワタミ創業者の渡邉美樹が理事長を務める。

概要[編集]

1889年開校。旧制郁文館中学を前身とする私立学校。明治期に於いては第一高等学校合格者数では常に上位に位置していた。姉妹校(同じ校舎内)に郁文館グローバル高等学校が所在する。

夏目漱石の小説『吾輩は猫である』に登場する「落雲館中学校」は、当時漱石の家の裏にあったこの郁文館がモデルだと言われている。

沿革[編集]

  • 1889年11月13日 - 東京府東京市本郷区駒込蓬莱町28番地に設立、私立郁文館と称する。初代校長は棚橋一郎で、井上円了が創設した哲学館(東洋大学の前身)の館主代理をしており、哲学館と敷地を同じくしていた。
  • 1951年1月 - 学校教育法改正により、新制の中学校・高等学校へ改組
  • 1956年11月 - 南館落成。
  • 1958年11月 - 東館落成。
  • 1964年11月 - 奈良原山荘落成。
  • 1980年7月 - 第1回海外研修実施(カリフォルニア大学バークレー校)。
  • 2006年4月 - 法人名が「郁文館夢学園」となる。郁文館国際高等学校が郁文館グローバル高等学校と改称。生徒が運営する校内放送機関として「IBS」が創設される。
  • 2008年9月 - 新校舎で授業開始(2学期開始)
  • 2010年4月 - 新校舎完成。共学校となる。

交通[編集]

文化祭[編集]

  • 郁秋祭と呼称。9月の30日・31日に開催。

姉妹校[編集]

共学化について[編集]

創立より120年間男子校であったが、創立121年目となる2010年4月より共学化。共学化に伴い、制服も新しいデザインのものに変更された。いわゆる「男女別学」ではなく、男子、女子が同じ教室で学ぶ共学校である。

指導方針[編集]

郁文館は問題を起こした生徒に対して、その度合い、回数に応じて、1~200枚の反省文を書かせることを要求している。度合い、回数にもよるが、反省文を書き終えるまでは授業に出席することができない指導方針を取っている。これが直接的な原因かどうかは不明だが、1学年160人のうち10人が退学しているという[3]

著名な出身者[編集]

脚注・参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 郁文館高校の学校情報(高校受験パスナビ)(旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭には「●内部進学生とは2年次から混合クラス。」と掲載されている。
  2. ^ White Papers. University of Pittsburgh Press. pp. 10–10. ISBN 9780822978176. https://doi.org/10.2307/j.ctt5hjn8b.11. 
  3. ^ 渡辺美樹理事長の学校法人生徒に反省文100枚書かせるなどして退学者続出”. 2013年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

関連文献[編集]

外部リンク[編集]