私屋カヲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
私屋 カヲル
生誕 (1972-01-03) 1972年1月3日(46歳)
日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1991年 -
ジャンル 4コマ漫画
青年漫画
代表作少年三白眼』シリーズ
ちびとぼく
こどものじかん
公式サイト オじゃなくてヲ (公式ホームページ) (日本語)
テンプレートを表示

私屋 カヲル(わたしや カヲル、女性、1972年1月3日 - )は、日本漫画家東京都出身、東京都立雪谷高等学校卒業。既婚[1]

代表作は『少年三白眼』シリーズや『ちびとぼく』『こどものじかん』など。

ペンネームの由来は、当時大槻ケンヂのファンだったことから普通の「カル」でなく「カル」という表記に、私屋については落語家の屋号に多い「〜家」に倣ってつけられた[2]

経歴[編集]

1991年、『別冊少女コミック』(小学館)に掲載された「当世幽霊気質」でデビュー。その後しばらくは小学館の少女漫画誌でギャグ漫画を執筆。1998年、活動の場を拡げるべく4コマ漫画に挑戦、力試しに竹書房に投稿する。応募作『台風一家』が同年7月の月間賞を受賞し第5回竹書房漫画新人賞にノミネート(同期に真右衛門)。その後、2000年頃から古巣の小学館から離れ、青年漫画誌や4コマ漫画誌に活動の場を移す。2007年、『こどものじかん』が自身初のアニメ化となった。

作品リスト[編集]

連載中[編集]

  • 猫とごはんと装丁家(ウィングス連載)
  • 愛が重たいインキュバス(コミックマージナル連載)

完結[編集]

恋に堕ちたインキュバス(2017年ISBN 978-4575380200

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ だめよめにっき』第1巻単行本カバー下より。
  2. ^ とらのあな配布無料小冊子「とらだよ。」のインタビューより。

外部リンク[編集]