私は里歌ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
私は里歌ちゃん
ニャンギラスシングル
初出アルバム『最初で最後
B面 夏が来れば
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
作詞・作曲 秋元康(作詞)
見岳章(作曲)
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1986年度年間57位(オリコン)
ニャンギラス シングル 年表
私は里歌ちゃん
(1986年)
自分でゆーのもなんですけれど
(1986年)
テンプレートを表示

私は里歌ちゃん」(わたしはりかちゃん)とは、ニャンギラスの楽曲で、1枚目のシングルである。1986年4月1日発売(発売元はワーナー・パイオニア)。

解説[編集]

アイドルグループおニャン子クラブから輩出された、うしろゆびさされ組に続くグループのデビュー作。

4月14日付のオリコンチャート1位を獲得した。これには関係者たちも驚いたらしく、メンバーの立見里歌は後に「(同レコード会社から発売された)少年隊のシングル「デカメロン伝説」(これも秋元康作詞)が1位を獲るはずだったのに、とレコード会社の関係者から怒られた」と語ったことがある[要出典]

TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』では、4月17日放送分で9位に初登場。3週連続でランクインした[要出典]

秋元康は雑誌『The Ichiban(オリコン)』のインタビューで、「(立見は)強烈に歌が下手で(笑)、それを逆に活かそうということで発売した曲」と語っている[要出典]

収録曲[編集]

  1. 私は里歌ちゃん
  2. 夏が来れば

収録作品[編集]

CD

DVD

  • ザ・バックステージ(あぶな〜い課外授業)
  • おニャン子クラブ最終盤(Sailing 夢工場、ファイナルコンサート、夕やけニャンニャン)

その他[編集]

1987年、卒業記念SPRINGコンサート「Sailing 夢工場」では既に名越を(卒業で)欠いていたため、樹原・立見・白石の3人編成で同曲を披露した。

1987年9月20日、代々木第一体育館でのおニャン子クラブ解散コンサートに出演し、同曲を披露した。4人揃っての披露は1986年卒業コンサート以来。

1998年頃、フジテレビのキャンペーンCMで「おニャン子クラブ復活?!」というコマーシャルが数パターン流れた[要出典]。出演は工藤静香であったが、その中でプロデューサーから「平成ニャンギラス、結成しませんか??」と口説かれた工藤が「国生(さゆり)はやるって言ってるの?」と聞き返すバージョンがあった[要出典]

出典[編集]