私は「うつ依存症」の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
私は「うつ依存症」の女
Prozac Nation
監督 エーリク・ショルビャルグ
脚本 ガルト・ニーダーホッファー
フランク・ディージー
ラリー・グロス
出演者 クリスティーナ・リッチ
ジェシカ・ラング
アン・ヘッシュ
撮影 アーリング・サーマン・アンダーセン
配給 アートポート
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年3月19日
(TV premiere)
日本の旗 2003年9月13日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
テンプレートを表示

私は「うつ依存症」の女』( 原題:Prozac Nation ) は、2001年に製作された、アメリカドイツ合作映画。エリザベス・ワーツェル(en:Elizabeth Wurtzel)の自伝小説の映画化作品。原題のプロザックProzac)とはイーライリリー・アンド・カンパニー抗うつ薬SSRI)の商品名である。なお主人公の症状は、厳密に言えば非定型うつ病である。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

外部リンク[編集]