私の解放日誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
私の解放日誌
ジャンル テレビドラマ
脚本 パク・ヘヨン
監督 キム・ソクユン
出演者 イ・ミンギ
キム・ジウォン
ソン・ソック
イ・エル
音楽 キム・テソン
製作
製作 スタジオフェニックス
JTBCスタジオ
チョロッペム・メディア
放送
放送チャンネル大韓民国の旗 JTBC
世界の旗 Netflix
放送国・地域大韓民国の旗 韓国
放送期間2022年4月9日 - 2022年5月29日
放送時間毎週土曜日22:30 - 23:32
毎週日曜日22:30 - 23:43
放送枠土曜日・日曜日
放送分60分
回数16
公式ウェブサイト
テンプレートを表示
私の解放日誌
各種表記
ハングル 나의 해방일지
漢字 나의 解放日誌
日本語読み: わたしのかいほうにっし
題: My Liberation Notes
テンプレートを表示

私の解放日誌』(わたしのかいほうにっし、原題:나의 해방일지)は、韓国JTBC2022年4月9日から2022年5月29日まで放送されたテレビドラマ日本では、動画配信サービスのNetflixで配信されている。

概要[編集]

主演は、テレビドラマ『この恋は初めてだから』や『Oh!ご主人様』などで知られるイ・ミンギ、テレビドラマ『サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜』や『太陽の末裔』などで知られるキム・ジウォン、テレビドラマ『最高の離婚[注 1]』や『サバイバー: 60日間の大統領』などで知られるソン・ソック、テレビドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』や映画『風流大丈夫』などで知られるイ・エルが務める。 『まぶしくて―私たちの輝く時間―』や『ロースクール』などのテレビドラマで監督を務めたキム・ソクユンが監督を担当し、『マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜』や『また!?オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来〜』などのテレビドラマを執筆したパク・ヘヨンが脚本を務める。[1]

ストーリー[編集]

代わり映えしない毎日から抜け出したいと願う3人の兄弟が、自由と生きがいを求めて奮闘する姿を描く。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

ヨム・チャンヒ
演 - イ・ミンギ
ヨム・ミジョン
演 - キム・ジウォン
ク氏
演 - ソン・ソック
ヨム・ギジョン
演 - イ・エル

放送日程[編集]

放送話 韓国放送日 韓国視聴率[2] 放送話 韓国放送日 韓国視聴率[2]
全国 首都圏 全国 首都圏
第1話 2022年4月9日 2.941% 3.057% 第10話 2022年5月8日
第2話 2022年4月10日 3.018% 3.236% 第11話 2022年5月14日
第3話 2022年4月16日 第12話 2022年5月15日
第4話 2022年4月17日 第13話 2022年5月21日
第5話 2022年4月23日 第14話 2022年5月22日
第6話 2022年4月24日 第15話 2022年5月28日
第7話 2022年4月30日 第16話 2022年5月29日
第8話 2022年5月1日
第9話 2022年5月7日 視聴率平均

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本の同名ドラマ『最高の離婚』を韓国リメイクしたテレビドラマ。

出典[編集]

外部リンク[編集]

JTBC 土日ドラマ
前番組 番組名 次番組
気象庁の人々: 社内恋愛は予測不能?!
(2022年2月12日 - 2022年4月3日)
私の解放日誌
(2022年4月9日 - 2022年5月29日)
-