秀和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

秀和株式会社(しゅうわ)は、かつて存在した日本の不動産会社デベロッパーである。

東京都千代田区麹町に本社を置いてマンションオフィスビルを建設、またバブル期には日本国外での不動産投資も活発に行なっていた。しかしながらその後は経営に行き詰まり、2005年平成17年)にアメリカの投資銀行モルガン・スタンレーに買収されて消滅した。

なお、一部の資産や管理業務等はレジデンス・ビルディングマネジメントに引き継がれている。

概要[編集]

1957年昭和32年)に設立され、東京都心を中心に多くの賃貸ビルを建設した[1]。また『秀和レジデンス』の商標でのマンション販売や、オフィスビル事業で業績を伸ばした[1]

バブル期に秀和が取得していた海外不動産のひとつ[2]
(ARCOプラザ、ロサンゼルス

さらに1980年代後半になると秀和は日本国外における投資にも本格的に進出、創業社長の息子・小林タカジが社長を務めるロサンゼルスの現地法人を拠点として、カリフォルニア州などに多数の不動産を取得した。

また、秀和は1987年昭和62年)頃からスーパーマーケット・チェーンなどの流通業社株を買い集めはじめた。流通再編に意欲をみせる秀和の社長・小林茂は[1]、「中堅スーパー大合同による1兆円企業設立プラン」を提唱、1989年(平成元年)には経営権を保持しようとするスーパーマーケット2社とのあいだで「忠実屋・いなげや事件」とも呼ばれる攻防が生じた。

しかしながら翌1990年平成2年)4月になると不動産融資の総量規制公定歩合の引き下げが実施されたことで不動産バブルが急激に崩壊、当時の借入額が1兆円超であった秀和の資金繰りも急速に悪化した。同年12月に公表された秀和が5%以上の株式を保持する企業群は流通業を中心に、忠実屋(発行済株式の33.9%を保持)、伊勢丹(同25.3%)、いなげや(同25.2%)、マルエツ(同24.9%)、長崎屋(17.6%)、松坂屋(15.7%)、イズミヤ(6.6%)、東京スタイル(11.0%)などに及んでおり、秀和はこのうち忠実屋株を担保として差し出すことでダイエーから700億円の融資を得て倒産を免れた。

流通再編に失敗した秀和は、不動産価格の下落に伴う負債に苦しみ、同様にバブル期に隆盛を極めながらもその後経営に行き詰った日本の不動産会社、麻布建物(A)、イ・アイ・イ・インターナショナル(I)、第一不動産(D)と共に、『AIDS(エイズ)』と揶揄されることもあった[要出典]

2005年平成17年)3月、引き続き負債を抱えながらも東京都内に16棟のオフィスビルを所有していた秀和は、アメリカの投資銀行、モルガン・スタンレーによって約1400億円で買収された[3]。その前月である同年2月末、秀和は私的整理ガイドラインに基づく再建計画を取りまとめており、中央三井信託銀行中央三井トラスト)からは287億円の債権放棄が発表されていた[3][4]。モルガン・スタンレーは、買収に先立って各金融機関から秀和向け債権を買い集めており、既に最大の債権者となっていた[3]

秀和レジデンス[編集]

秀和外苑レジデンス
(渋谷区神宮前、1967年2月竣工)

『秀和レジデンス』は、秀和による分譲マンションシリーズで、30戸~190戸規模の物件が東京都内や埼玉県などで建設・分譲された。シリーズの第一号は1964年昭和39年)3月に竣工した、「秀和青山レジデンス」(渋谷区渋谷)で、これは建築家、芦原義信の設計によるものであった。

秀和レジデンスは1962年(昭和37年)の区分所有法施行後、分譲マンション黎明期の東京を代表するマンションシリーズのひとつとなった[5]。多くの物件は共通のデザインコンセプトで建築されており、外観では南欧風の青い瓦屋根と白い塗り壁、黒色の鉄製柵を配したバルコニーなどを特徴とする。

また、1960年代後半からの「第二次マンションブーム」では、いわゆる一次取得者向けの物件が大量に供給されたが、秀和による「秀和外苑レジデンス[6]」(渋谷区神宮前)などは、東京都心において同ブームを代表するマンションのひとつであるといわれる[7]

『秀和レジデンス』シリーズは全部で30棟以上に及び、大部分の物件は1970年代までに竣工している[8]。特に東京都心の渋谷区港区などに立地する物件のなかには、現在でもいわゆる「ヴィンテージ・マンション」として中古住宅市場でも比較的高値で取引されているものがある。

芝パークビル[編集]

芝パークビル(東京・

秀和は1982年昭和57年)、東京都港区に地上14階建ての大型オフィスビル、「芝パークビル(秀和芝パークビル)」を建設した。芝パークビルは延べ床面積が10.3万平米で、全長140メートル、奥行き50メートルの威容から、「軍艦ビル」と呼ばれるようになった[9]

2005年平成17年)には、再建スポンサーとして秀和を買収したモルガン・スタンレー傘下の不動産ファンドに所有権が移った[9]。その翌年である2006年(平成18年)、ダヴィンチ・アドバイザーズがこれを購入したが、購入額は1,430億円であり、単独物件として日本国内で最大級の不動産取引となった[9]

ビルの名称は2009年平成21年)4月1日より、「ダヴィンチ芝パーク(daVinci Shiba Park)」に変更されたが、リーマン・ショックに伴う不動産価格下落が追い打ちをかけ、ダヴィンチ・アドバイザーズは融資先である中央三井信託銀行(後の三井住友信託銀行)などへローンを返済できず、さらに2009年12月期決算においても債務超過に陥った。ダヴィンチ・アドバイザーズの債権者である中央三井信託銀行などは、ダヴィンチ芝パークを差し押さえたと同時に、名称を芝パークビルへ戻した[10]

三井住友信託銀行などは、2013年(平成25年)に芝パークビルをアジア・パシフィック・ランド、アブダビ投資評議会等へ売却し、アジア・パシフィック・ランド、アブダビ投資評議会等は、2015年(平成27年)に再度売却する方針を明らかにした[11]

創業社長・小林茂[編集]

創業者である小林茂は1927年昭和2年)4月21日、東京に生まれた[1]

東京府立実科工業学校(現在の東京都立墨田工業高等学校)を卒業後、はじめは家業の木工家具製造・販売に従事したものの、1957年昭和32年)に秀和を設立して独立した[1] 。後にライフコーポレーションの創業社長として食品流通業界の主要人物のひとりとなった実業家、清水信次とは大東亜戦争に従軍した際の戦友であり、この縁は秀和によるバブル期の流通業界関連株買い占めの端緒のひとつとなった。同時期に2人は秀和のマンションの上下階の部屋に並んで住んでいたこともある。1988年昭和63年)、日本人が1位から3位までを独占した世界の富豪ランキングで小林は、西武鉄道グループ堤義明森ビル森泰吉郎に次いで世界第3位にランクされている。

秀和から退いた後には、同社から資産・管理業務等を引き継いだレジデンス・ビルディングマネジメントの経営にも関与した。 小林は2011年平成23年)4月に死去した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 小林茂(2) 『日本人名大辞典』 講談社
  2. ^ http://law.justia.com/cases/california/caapp4th/1/1635.html
  3. ^ a b c 米モルガン・スタンレー、日本の不動産に2700億円投資-秀和など買収 ブルームバーグ(日本語) 2005年3月30日掲載、平成23年12月18日閲覧
  4. ^ 三井トラスト、秀和向け債権287億円を放棄 『日本経済新聞』 平成17年3月1日
  5. ^ 秀和レジデンス倶楽部 エムエスプロジェクトのウェブサイト、平成23年12月18日閲覧
  6. ^ 1967年(昭和42年)2月竣工。地上7階建て
  7. ^ 分譲マンションの歴史 『不動産情報サイト nomu.com』 野村不動産アーバンネット株式会社、平成23年12月22日閲覧
  8. ^ I Love Shuwa 秀和レジデンス 株式会社フリーダムコーポレーションのウェブサイト、平成23年12月18日閲覧
  9. ^ a b c 『日本経済新聞』 平成18年7月4日
  10. ^ 中東・米系ファンドが芝パークビル買収へ、総額約1000億円超ロイター 2013年8月6日
  11. ^ 芝パークビル、再び売却へ 1600億円以上を想定=関係筋ロイター 2015年12月1日