禹貢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

禹貢』(うこう)は『書経』の一篇で、中国地理の書として後世に尊重された[1]

『禹貢』は紀元前の中国(漢族の居住地域)を九州に分けて記述した。それらは冀州兗州青州徐州揚州荊州豫州梁州雍州である。この本は『史記』の夏本紀にも引用されるなど、末年までも影響力をもった。

脚注[編集]

  1. ^ 中國古代水利”. 2008年8月14日閲覧。