禹範坤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
禹 範坤
우범곤
個人情報
生誕 (1955-02-24) 1955年2月24日
大韓民国の旗 韓国 慶尚南道 釜山市東区草梁洞245-8
死没 1982年4月27日(1982-04-27)(27歳)
大韓民国の旗 韓国 慶尚南道 宜寧郡宮柳町坪村里406
死因 人質と共に自爆
殺人
犠牲者数 57人 (諸説有)
犯行期間 1982年4月26日27日
大韓民国の旗 韓国
テンプレートを表示

禹 範坤(ウ・ポムゴン、우범곤, 1955年2月24日 - 1982年4月27日)は、1982年4月26日から翌日にかけて、韓国南部の慶尚南道宜寧郡宮柳面で57人(56人、59人、62人などの説もある)を殺害、35人に重軽傷を負わせた事件を起こした犯罪者である。

背景[編集]

禹範坤は、1955年2月24日に韓国慶尚南道釜山市東区草梁洞、現釜山市南区望美洞の245-8で警察官の父親ウ(1929年-1974年1月30日(25)と専業主婦の母親キムダナム1929年生(25)の間に四人兄弟で三番目の子として誕生した。幼少期の頃は何も悩みなく過ごした。 1963年3月草梁洞小学校に入学した。1969年2月草梁洞小学校を卒業。同年3月佐川洞釜山中学校に入学した。1972年2月釜山中学校を卒業。同年3月金星高校に入学。1973年3月19日、警察官の父親が病で倒れ釜山市民病院で大腸癌と診断されで余命11ヵ月と宣告をされた。同年6月23日一家は警察官の父親の手術費用、進学費用の為、困窮し自宅を売却し金にし父親の治療費に使ったりしていたが、1974年1月30日、余命宣告されていた警察官の父親は大腸癌で亡くなった。享年44歳だった。また父親の死後、1974年8月29日と1975年4月16日大学在学中二回ガラスを割り手首を切る自傷をした。1975年2月金星高校を卒業。同年2月24日慶南釜山北区樹里園大学に入学した。1976年2月15日大学を中退した。2月19日韓国海兵隊に入隊した。1978年8月30日海兵隊を除隊。同年12月9日警察官試験不合格した。1980年12月20日警察官試験に合格し釜山南の交番に配属され1981年4月11日から12月30日までソウル市青瓦台の警察官として勤務していたが不祥事で1981年12月26日ソウル市で左遷処遇され12月30日慶尚南道宜寧にされ1982年1月24日東谷里に定住した。2月8日から2歳年下女性と付き合った。3月1日から同棲。3月28日にはひよこを18匹買い、育てていた。

事件[編集]

1982年4月26日16時、禹は酒に酔って帰宅したところ、同棲していた女性が禹の胸に止まったハエを取るために叩いたことがきっかけとなって口論になり、宜寧警察署宮柳支署(現在の宮柳治安センター)へ戻るなり武器庫に入り込んでウイスキーを多量に飲み泥酔状態となった。19時30分、自宅へ戻って女性を殴打して負傷させ、家具を破壊した(女性はその後は危害を加えられず生き残った)。そして、21時25分、武器庫からM2カービン銃2丁と実弾180発余り176発乱射、手榴弾8発を持ち出した。

禹は、まず警察署の近くの路上で通行人の26歳男性(1956~1982)を射殺した。21時45分、郵便局に押し入って電話交換手、郵便配達員合計3人を射殺した。続いて市場で手榴弾を投げ、爆発させ表へ飛び出してきた客など10発程乱射し6人を殺害した。また付近の集落の家々を回り手当たり次第に家人に対してカービン銃を乱射し、また閉店前の市場など人の集まる場所に手榴弾を投げ込み、爆発で驚いて表へ飛び出してきた人達に対してカービン銃を乱射して18人を射殺した。22時半頃、18歳高校生(1963~1982)にソフトドリンクを買うよう命じ殺害。また店の娘13歳(1968~1982)と10歳(1971~1982)を殺害したり鄭家一家4人を殺害した。

禹は翌日の午前2時頃まで付近一帯をカービン銃を乱射して回り、虐殺の限りを尽くして4集落合計55名の人々を殺害した。

禹がまず最初に郵便局に押し入って電話交換手をカービン銃で射殺したのは外部との連絡を絶つ為であり、これにより、この無差別大量殺人の一報が外部に伝わったのは、事件発生後1時間以上も経った午後10時40分だった。そして武装警官が被害の発生した現場へ到着したのは、さらに遅れて午後11時50分頃となったが、この時には既に禹は付近の集落での殺人をほぼ終えた後であり、警察の対応は完全に後手に回った形となってしまった。

武装警察隊が到着したのち禹は武装警官により山に追い込まれた。日付が変わって4月27日午前3時40分頃、禹は残りの手榴弾2発の安全ピンを抜くと、最後の犠牲者となった人質一家7人と爆死した。

影響[編集]

現職の警察官による大量殺人に加え初動捜査の遅れから被害を拡大させたとの非難が高まり、当時の劉彰順内閣の責任ばかりか政権を掌握したばかりの全斗煥大統領への非難にまで及ぶ恐れもあった。このため徐廷和内務部長官が事件発生直後に辞任し、後任として盧泰愚が就任したことで盧にとっては政界への足掛かりをつかむ第一歩となった。また当時の宜寧警察署長が事件発生中に遊興で不在だったことから職務怠慢で起訴されたものの、最終的には無罪が確定している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]