禰寝重政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

禰寝 重政(ねじめ しげまさ、慶長8年(1603年) - 寛永元年9月22日1624年11月2日))は、江戸時代初期の薩摩藩士。吉利郷私領主の禰寝家当主。

父は禰寝重張。母は家臣渡辺綱次の娘。養子に禰寝福寿丸。通称は七郎。

生涯[編集]

慶長8年(1603年)、禰寝重張の次男として吉利に生まれる。兄の菊千代が早世しており、父の嫡男となる。父重張の隠居により家督と吉利領を相続する。寛永元年(1624年)9月22日、父重張に先立って死去した。享年22。寛永4年(1627年)、藩命で藩主島津家久の九男の福寿丸が養子となり家督を相続した。

参考文献[編集]

  • 根占献一『東西ルネサンスの邂逅―南蛮と禰寝氏の歴史的世界を求めて』(東信堂)