福谷修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふくたに おさむ
福谷 修
生年月日 (1967-08-02) 1967年8月2日(50歳)
出生地 日本の旗 日本愛知県名古屋市
血液型 A型
職業 映画監督
ジャンル ホラー映画ミステリ映画
活動期間 2003年 -
公式サイト 心霊写真部 福谷修
福谷 修
活動期間 2004年 -
ジャンル ホラー小説ミステリ小説
デビュー作 渋谷怪談
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

福谷 修(ふくたに おさむ、1967年昭和42年〉8月2日[1] - )は、日本映画監督作家愛知県名古屋市出身[2]

雑誌編集やバラエティ番組の企画・構成を経て、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』などで知られるエドゥアルド・サンチェス英語版の影響で映画監督となる[3]2000年平成12年)に飛び込み自殺をテーマにした映画『レイズライン』(みちのく国際ミステリー映画祭オフシアター部門グランプリ作品)を自主製作[4]2003年(平成15年)、鶴見済の著書『完全自殺マニュアル』をもとにしたサスペンス映画自殺マニュアル』でプロの映画監督としてデビュー。同年に監督を務めた日本香港合作映画最後の晩餐-The Last Supper』では、スコットランド国際ホラー映画祭で準グランプリを受賞した[2]

2004年(平成16年)、『渋谷怪談』(竹書房)で小説家としてもデビュー[2]。以降は映画、DVDドラマ小説ゲームなどのホラー作品ミステリ作品を多く手掛けており、「ホラー界のマルチクリエイター」とも呼ばれている[5]

前述のほかに監督を務めた映画は『渋谷怪談』シリーズ、『こわい童謡』、『心霊病棟 ささやく死体』など。著書は『鳴く女』、『子守り首』、『心霊写真部』など多数。2008年(平成20年)に脚本を務めたニンテンドーDS用のアドベンチャーゲームトワイライトシンドローム 禁じられた都市伝説』は累計20万本を超えて「携帯ゲーム機史上最恐」と評され[6]、雑誌『SPA!』主催による「ゲーム直木賞」に選ばれた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 竹内伸一 (2015年8月). “セレクト5presents 俺の5チャンネル”. スカパーJSAT. 2016年4月29日閲覧。
  2. ^ a b c 福谷修 『こわい童謡』 竹書房〈竹書房文庫〉、2007年7月5日、312頁。ISBN 978-4-8124-3184-9
  3. ^ 満利江「B級ホラーの世界」、『実話ドキュメント』第29巻第7号(9月号)、竹書房2012年7月29日、 17頁、 全国書誌番号:00098545
  4. ^ “リストカット、首切り…R指定なし衝撃の映画”. ZAKZAK (産業経済新聞社). (2003年10月3日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2003_10/g2003100313.html 2016年4月29日閲覧。 
  5. ^ “Jホラー初挑戦の谷内里早、金縛りに遭い「耳の中に何か入れられた…」”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2011年9月13日). http://news.walkerplus.com/article/24562/ 2016年4月29日閲覧。 
  6. ^ 監督プロフィール”. 心霊病棟 ささやく死体 (2011年). 2016年4月29日閲覧。
  7. ^ 卯月鮎ほか「ゲーム直木賞発表」、『SPA!』第58巻第8号、扶桑社2009年2月17日、 99頁、 NCID AA11774006

外部リンク[編集]