福知山道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般国道
国道9号標識
福知山道路 (国道9号)
路線延長 5.8 km
開通年 1991年 -
起点 京都府福知山市長田野
終点 京都府福知山市字新庄 新庄交差点(地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0175.svg国道175号Japanese National Route Sign 0176.svg国道176号

Japanese National Route Sign 0429.svg国道429号

テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
福知山道路
京都府福知山市土師新町

福知山道路(ふくちやまどうろ)は、京都府福知山市長田野から同市字新庄の国道9号山陰道)の4車線・バイパス道路化事業である。延長5.8kmのうち4.4kmは開通済であり、福知山市北羽合〜同市新庄の区間で事業(用地調査・道路設計)が行われている[1]

この道路の東堀交差点から終点の新庄交差点までは、国道9号と国道175号国道176号の重複区間となっている。

概要[編集]

福知山市内の交通混雑の緩和、快適で安全な歩行空間の確保、地域の活性化等を目的として、国道9号の4車線化及び主要な交差点の立体化を行う5.8kmの事業である。福知山市の福知山駅南土地整理計画事業、緑ヶ丘土地整理計画事業とともに事業が行われている。既に福知山市長田野〜同市北羽合の区間の工事は完了し、供用されている。現在[いつ?]は同市北羽合〜同市字新庄の1.4kmの区間が事業中である[1]。またこの事業区間の終点のである同市字新庄の新庄交差点では、合流する国道429号側が鋭角な反則交差点となっている。このため交通渋滞が発生して通行の支障になっているほか、線形が不良で歩道が無く、歩行者の安全確保が必要であるため、交差点の改良と道路拡幅、歩道を整備する事業が付近の400mの区間で行われている。この事業は平成35年度に終了する予定である[2]

近年、沿線ではロードサイド店の出店が相次いでいる。また、東羽合町の路線価は北近畿で一番高くなっている。

路線データ[編集]

  • 起点 : 京都府福知山市長田野
  • 終点 : 京都府福知山市新庄
  • 延長 : 5.8km
  • 道路規格 : 第4種第1級
  • 設計速度 : 60km/h
  • 幅員 : 40.0(土工部)、41.5(高架部)m
  • 車線数 : 4車線
  • 車線幅 3.50m
  • 最小曲線半径 : 200m
  • 最急縦断勾配 : 4%
  • 計画交通量 : 41,500台/日
  • 交通量(平成26年) 福知山河川国道事務所調べ[1]
    • 福知山市羽合 : 22,600台
    • 同市東堀 : 26,200台

歴史[編集]

  • 1978年昭和53年) - 土師工区(2.3km、福知山市長田野〜同市野家)を事業化
  • 1981年(昭和56年) - 土師工区の用地着手
  • 1984年(昭和59年) - 土師工区の工事着手
  • 1985年(昭和60年) - 福知山工区(3.5km、福知山市野家〜同市字新庄)を事業化
  • 1987年(昭和62年) - 福知山工区の用地着手
  • 1991年平成3年) - 土師工区の一部(1.9km、土師バイパス・福知山市長田野〜同市野家)が暫定2車線で開通
  • 1992年(平成4年) - 福知山工区の工事着手
  • 2001年(平成13年) - 福知山工区の一部(0.5km、福知山市西岡〜同市羽合)が暫定2車線で開通
  • 2009年(平成21年) - 福知山工区(福知山市岡〜同市東羽合)が完成4車線で開通
  • 2011年(平成23年) - 福知山工区(福知山市東羽合〜同市西羽合)が完成4車線で開通
  • 2014年(平成26年) - 福知山工区(福知山市野家〜同市岡)、土師工区が完成4車線で開通

地理[編集]

道路施設[編集]

土師工区
  • 土師高架橋(L = 491m
  • 新土師川橋(L = 265m)
  • 堀高架橋(L = 798m)
  • 宮ノ下橋(L = 19m)
福知山工区
  • 福知山大橋(L = 137m)

交差する道路[編集]

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 福知山河川国道事務所pdf”. 近畿地方整備局 (2015年12月31日). 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ 京都府/国道429号道路事業事前評価調書pdf”. 京都府 (2015年4月30日). 2017年3月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]