福田関次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 関次郎(ふくだ せきじろう、1882年明治15年)3月18日[1] - 1979年昭和54年)7月14日)は、日本実業家政治家衆議院議員(通算3期)。

経歴[編集]

山口県出身。1904年関西法律学校卒。朝鮮で小学校校長をした後、京都製薬所長、七寿肥料(株)社長などを務め、京都市議、京都府議を経て、1932年第18回衆議院議員総選挙立憲民政党公認で立候補して当選した。以来3回連続当選。1942年翼賛選挙では非推薦で立候補したが落選した。戦後の1946年の第22回衆議院議員総選挙と翌1947年の第23回衆議院議員総選挙日本自由党公認で立候補したがいずれも落選し、政界から引退した。1979年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、3頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 楠精一郎著『大政翼賛会に抗した40人 自民党源流の代議士たち』朝日新聞社、2006年。