福田重清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福田 重清(ふくだ しげきよ、1889年4月 - 1964年7月19日)は、日本政治家衆議院議員(1期)。初代日立市長(1期)。

来歴・人物[編集]

富山県出身。1909年中央大学法律科卒。日本鉱業(日鉱)に入り、日立鉱業所庶務課長を経て、1933年副所長も兼任する。1939年日立市が発足すると同所副所長のまま市長に就任した。市長は翌年まで務め、1942年4月の第21回衆議院議員総選挙では茨城2区(当時)から大政翼賛会の推薦を受け立候補して当選する。衆議院議員在職中に日立鉱業所の所長に就任する。戦後の1946年の総選挙には公職追放されたため[1]出馬せず、翌年には日立鉱業所の所長も辞任した。

戦後は国光製作所、富栄商事の各社長を歴任し、1959年の日立市長選に日鉱の支援で立候補、日立製作所(日製)の支援を受けた高島秀吉市長と一騎討ちを演じるも一敗地に塗れた。1964年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 公職追放の該当事項は「推薦議員」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年65頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。