福田歓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福田 歓一
(ふくだ かんいち)
人物情報
全名 福田 歓一
(ふくだ かんいち)
生誕 1923年7月14日
日本の旗 日本 兵庫県神戸市
死没 (2007-01-07) 2007年1月7日(満83歳没)
日本の旗 日本 東京都新宿区
学問
時代 20世紀
研究分野 政治学
西洋政治思想史
研究機関 東京大学
明治学院大学
称号 東京大学名誉教授
日本学士院会員
影響を
受けた人物
南原繁
影響を
与えた人物
佐々木毅
加藤節
テンプレートを表示

福田 歓一(ふくだ かんいち、1923年7月14日 - 2007年1月7日)は、日本政治学者。専門は、西欧政治思想史東京大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

神戸市クリスチャンの家に生まれた。灘中学一高を経て、学徒出陣で海軍士官(第4期予備学生)となり、復員後東京大学法学部卒業。丸山眞男らとともに、南原繁から西洋政治思想を学ぶ。

東京大学法学部教授、東京大学法学部長、明治学院大学国際関係学部教授、明治学院大学学長を歴任。同学長時代は大嘗祭に反対した。1992年から日本学士院会員となる。晩年は東京都中野区本町に居住。2007年1月7日肺炎のため新宿区内の病院で死去した。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近代の政治思想――その現実的・理論的諸前提』(岩波書店[岩波新書]、1970年)
  • 『近代政治原理成立史序説』(岩波書店、1971年)
  • 『現代政治と民主主義の原理』(岩波書店、1972年)
  • 『近代民主主義とその展望』(岩波書店[岩波新書]、1977年)
  • 『政治学史』(東京大学出版会、1985年)
  • 『ルソー』(講談社、1986年) - のち岩波現代文庫 
  • 『学問と人間形成の間』(東京大学出版会、1986年)
  • 『国家・民族・権力――現代における自由を求めて』(岩波書店、1988年)
  • 『激動の世紀と人間の条件』(岩波書店、1988年)
  • 『丸山眞男とその時代』(岩波書店、2000年)
  • 『デモクラシーと国民国家』(岩波書店[岩波現代文庫]、2009年)

編著[編集]

  • 『政治思想における西欧と日本(上・下)』(東京大学出版会、1961年)

共編著[編集]

  • 丸山眞男)『南原繁著作集(全10巻)』(岩波書店、1972年 - 1973年)
  • (丸山眞男)『回想の南原繁』(岩波書店、1975年)
  • 河合秀和)『バーリン選集(全4巻)』(岩波書店、1983年 - 1992年)

訳書[編集]

著作集[編集]

  • 佐々木毅加藤節編『福田歓一著作集(全10巻)』(岩波書店、1998年)
    • 1巻「ホッブスにおける近代政治理論の形成」
    • 2巻「近代政治原理成立史序説」
    • 3巻「政治学史」
    • 4巻「政治・政治学・政治哲学」
    • 5巻「近代の政治思想/近代民主主義とその展望」
    • 6巻「ルソー/ルソーを巡って」
    • 7巻「現代政治と民主主義の原理」
    • 8巻「アジアの解放と民主主義の条件」
    • 9巻「人間形成と高等教育」
    • 10巻「邂逅――研究生活の途上で」

論文[編集]

関連項目[編集]