福田屋ショッピングプラザ宇都宮店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福田屋ショッピングプラザ宇都宮店
FUKUDAYA Shopping Plaza Utsunomiya
地図
店舗概要
所在地 栃木県宇都宮市今泉町237
開業日 1994年平成6年)10月13日
施設所有者 福田屋百貨店
施設管理者 福田屋百貨店
敷地面積 41,405 m²
商業施設面積 40,500 m²
中核店舗 福田屋百貨店
店舗数 福田屋百貨店と23の専門店
駐車台数 2,500台
最寄駅 宇都宮駅
最寄IC 宇都宮IC
外部リンク 公式サイト
Fukudaya
Fukudaya Company, Limited
テンプレートを表示

福田屋ショッピングプラザ宇都宮店(ふくだやショッピングプラザうつのみやてん)は、栃木県宇都宮市1994年平成6年)10月13日にオープンした、地場百貨店「福田屋百貨店」直営のショッピングセンター

解説[編集]

一般的なショッピングセンターのような「核店舗と専門店の集合」とは一線を画し、福田屋百貨店自営の「平場」をメインとしたフロア構成が大きな特徴となっており「ショッピングセンター化した百貨店」[1]といえる。

建物は地上5階、地下1階で、地下1階と4階・5階は駐車場である。1階はアトリウム(水辺のある広場)で食料品と服飾雑貨・婦人服の2ゾーン、2階は吹き抜けなどで婦人服と子供服・紳士服、サウスサイドの3ゾーンに売り場が分かれている。3階は日常衣料品と生活雑貨、スポーツ用品、外商サロンなどで構成。ファストフードが中心のレストランコートは1階北側にある。

地方百貨店が本店そのものを郊外へ移転させ全国有数のモータリゼーション社会となった地域特性[2][3]への対応を図り、都心空洞化に対応した唯一つの例である。

日本全国の地方百貨店が売り上げ減に苦しむなか、同店の売上げは年々右肩上がりで2号店「FKDショッピングモール宇都宮インターパーク店」出店の足掛かりとなった。

インターパーク出店以前は FKD宇都宮店への新規出店が「地方百貨店初出店」というブランドも多かった。

中心市街地から離れた「郊外型」ではあるが、JR宇都宮駅から北へ約2kmの好立地で店舗周辺には住宅街が広がりニュータウンも多くある。平日は閑散としていて土日祝日に賑わう他のショッピングセンターと比べ、同店は平日の来店者数・売り上げが多いことも特徴である。

開店当初より社名由来のFKD(FKDaya)を愛称として使用していたが、FKDインターパーク店のオープン以降は両店を混同しないよう「FKD宇都宮店」という表記が使われている。FKDロゴマークのデザインは一度変更されている。

歴史[編集]

  • 1994年(平成6年)10月13日 - 宇都宮市今泉町に「福田屋ショッピングプラザ宇都宮店」を開店(旧宇都宮店・EFF店を併合移転、売場は1・2階部分、売場面積17,000m2/登記上の名称は「福田屋百貨店今泉店」)。
  • 1998年(平成10年)3月 - 宇都宮店増床オープン(3階売場を新設、売場面積30,000m2台になる、店内にサウスサイドファッションワールドなどを展開)。
  • 2001年(平成13年)1月25日 - 宇都宮店第2期増築・増床オープン(売場面積が40,500m2となり東武宇都宮百貨店を抜いて県内最大となる/南側部分を拡張、店内に北関東第1号店となるスターバックスなどが開店)。

交通[編集]

競輪場通り沿い、JR宇都宮駅より北へ2.4km。詳細は公式サイト「アクセス&パーキング」を参照。

また、大通り乗り口(旧福田屋百貨店宇都宮店前)- 宮の橋北乗り口(JR宇都宮駅西口近く、SC行は乗車専用、大通り行は降車専用) - 当SC間の「お買い物専用無料送迎バス」も運行されている。詳細は公式サイト「無料送迎バスのご案内」を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「SCのモール専門店を独自に取り込みSC化した百貨店(福田屋百貨店、伊勢丹相模原店、三越星ヶ丘店)」「RSCのモール型専門店(物販専門店+飲食専門店+サービス専門店)は、「モールというランブリングショッピングゾーンに売場面積2万から3万m2、売上高200億から250億円、店舗数150から250店」の規模で展開し、1つの業態、すなわちカジュアル百貨店化したのである」「多核・モール型SCにおける郊外百貨店をどう再生するか」-三越がイオンを去った日-六車秀之 ダイナミックマーケティング社代表 販売革新 2009年4月号
  2. ^ 世帯当自動車保有台数は 1.25台と県庁所在地の都市では第3位と自動車の普及が進んでいる。出典:都市データパック 2002、東洋経済新報社
  3. ^ 宇都宮市が行ったアンケートによると、中心市街地への交通手段としては自家用車が 54.1%と最も高く、郊外への交通手段としても自家用車が 70.7%となっている。出典:宇都宮市民の目的地別交通手段、宇都宮市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度34分25秒 東経139度54分1.1秒