福田喜重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 喜重(ふくだ きじゅう、1932年9月26日 - )は日本の刺繍家[1]重要無形文化財保持者。刺繍では唯一人の人間国宝である[2]

人物[編集]

京都市生まれ[3]。京都市立第一工業学校(現・京都市立京都工学院高等学校)卒業[4]。父である刺繍家福田喜三郎1948年から師事。父からの厳しい指導によって本格的伝統技法を習得した。刺繍作品は主に和服。一越縮緬綸子地などの生地を使用し、意匠では自然物を流動的に表現し、色糸による刺繍で微妙なグラデーションや細かい作業によって繊細で流れるような曲線を描く。そのため、作品は平坦にならず、奥行きを感じさせ絵柄になる[2]。1976年に日本工芸会日本伝統工芸展に初入選、以降受賞を重ねる[5]。刺繍業福田商店の経営を1956年に父から引き継ぎ、1970年に福田工芸染繍研究所に社名変更、1991年に株式会社福田喜を設立して代表取締役を務める[5][6]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代名工・職人人名事典』 日外アソシエーツ1990年、309頁。ISBN 978-4816909207
  2. ^ a b c 『人間国宝事典』 芸艸堂2009年、133頁。ISBN 978-4753802456
  3. ^ a b c d 時計塔80年記念 傘寿 福田喜重展 銀座和光 2018年7月22日閲覧。
  4. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.490
  5. ^ a b c d e f g h 福田工芸染繍研究所の歩み 福田工芸染繍研究所 2018年7月22日閲覧。
  6. ^ 会社案内 福田喜 2018年7月22日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ株式会社編集発行 『現代名工・職人人名事典』1990年。ISBN 4-8169-0920-6
  • 南邦男監修 『人間国宝事典』芸艸堂、2009年。ISBN 978-4-7538-0245-6
  • 全国伝統工芸士会編集委員会編集 『伝統工芸士名鑑』ふたば書房、1986年。
  • 小田孝治著 『日本の技』メトロポリタン、2000年。ISBN 4-434-00554-5

外部リンク[編集]

社団法人日本工芸会 福田喜重