福田匡伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福田 匡伸(ふくだ まさのぶ、1939年 - 2001年)は、日本写真家大阪府出身。広告写真で活躍する一方で、作品も制作する。国内外受賞歴多数。

来歴[編集]

日本写真映像専門学校を卒業後、三越百貨店写真室に勤務。1963年スタジオノブを設立。多くの広告写真をてがける。 1980年代よりワイヤーやコンクリートなどの表面にイメージを焼き付ける作品を手掛ける。[1]

作品[編集]

  • 作品 Work, 1990年代
  • 種子の系譜, 1990年代

著作[編集]

  • ドイツにて花の写真詩集 評伝社, 1986
  • ダイアリー花写真集 評伝社, 1986
  • 木の箱 広橋桂子著 六耀社,1987
  • ウルズラ&パウル・ヴェゲナー -花の作品:自然からの印象- ウルズラ・ヴェゲナー著 六耀社, 2001

個展[編集]

  • 1982年 - 銀粒子展/東京デザイナー・スペース 東京
  • 1982年 - 雲映像展/ソニープラザ 大阪
  • 1987年 - 東京デザイナー・スペース 東京
  • 1987年 - ギャラリー白 大阪
  • 1990年 - ギャラリー白 大阪
  • 1991年 - 「福田匡伸の空間」写真展/電通アドギャラリー 東京
  • 1993年 - ギャラリー白
  • 1993年 - 山総美術 京都
  • 1994年 - 東京デザイナー・スペース 東京
  • 1995年 - 堀内フォトサロン 大阪
  • 1995年 - 「写真装置」/ブレーンセンターギャラリー 大阪
  • 1997年 - 「種子の系譜」/ギャラリー白 大阪
  • 1997年 - 「種子の系譜」/ギンザ小松ギャラリー 東京
  • 1998年 - 「種子の系譜II」/ギャラリー白 大阪
  • 2002年 - 「種子の系譜」新作展/consent 大阪
  • 2002年 - 「種子の系譜」新作展/WALL 東京

受賞歴[編集]

  • 1965年 - 朝日広告賞、毎日広告賞
  • 1977年 - カレンダー通商産業大臣賞
  • 1983年 - ポスタークリオ賞
  • 1984年 - 第9回神戸須磨離宮公園現代彫刻展 国立国際美術館賞
  • 1985年 - ニューヨークADC賞 金賞
  • 1991年 - 第20回現代日本美術展 入選

脚注[編集]

  1. ^ 『あえて写道(みち)にいきる 〜角田蒼児と50人の物語』 加来耕三著 p.96