福本邦雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

福本 邦雄(ふくもと くにお、1927年 - 2010年11月1日)は日本実業家画商政治活動家、元日本共産党員。第2次岸内閣の内閣官房長官秘書官、自由民主党政調会長秘書等を務める。戦前日本共産党指導者・福本和夫の長男。政界最後のフィクサーとも呼ばれ、画商という表の顔から政界財界暴力団といった裏社会の深部に入りこんで暗躍した[1]

経歴[編集]

神奈川県出身[1]東京大学経済学部卒業。1951年産業経済新聞社入社、産経新聞記者兼研究員として勤務。その後自民党の有力者椎名悦三郎の秘書となり政界に人脈を築く。

1960年安保闘争での自衛隊出動の検討と要請を受けた椎名と赤城宗徳に産経新聞社長の水野成夫とともに反対するよう働きかけ、また樺美智子の死亡事件では岸信介首相に政府声明を出すことを提案し、渡邉恒雄に書かせた。

1965年に画廊「フジ・インターナショナル・アート」を開き、絵画ビジネスを看板に政財界に食い込む。後にイトマン事件に関わる許永中が買い付けた美術品の多くは福本の画廊から出たものである。中曽根康弘竹下登宮澤喜一安倍晋太郎渡辺美智雄中川一郎のようなニューリーダーの政治団体代表兼会計責任者を務め、歴代首相の中でも特に竹下登とは竹下の実母が共産党の理論的な指導者だった福本和夫の教え子[2]だったことから親しくした。

1989年、許永中の要請を受ける形で、京都新聞グループのKBS京都(近畿放送、現・京都放送)社長に就任。KBS京都の社長に就任した際、竹下登元首相の女婿・内藤武宣(元・毎日新聞記者)も同時に役員に就任した他、伊藤寿永光も役員に就任。福本の社長時代に、KBS京都資産に対するダイエーファイナンスの根抵当が設定され、イトマン事件につながることとなる。1991年6月、事件で強制捜査を受けた直後の株主総会で社長を辞任した。

1997年NEC関本忠弘会長と竹下登元首相が主催する「三宝会」の事務局長役を務める。同会に参加を許された政治家は将来の総理候補といわれ、小渕恵三亀井静香与謝野馨藤井孝男野中広務中尾栄一鈴木宗男谷垣禎一等の顔ぶれが揃っていた。また、周防郁雄、許永中、松井章圭と共に赤坂東急ホテル内の葡萄亭ワインセラーで定期的に会合を持つ。また、月刊雑誌『選択』にも連載を持ち、乗っ取りを画策した。

2000年中尾栄一元建設大臣が収賄容疑で逮捕された若築建設事件共犯者として逮捕される(処分保留、起訴猶予で釈放)[3]

2010年11月1日、敗血症のため死去[1]

福本邦雄が立ち上げた勉強会[編集]

参考文献[編集]

  • 昭和・平成 日本 黒幕列伝 時代を動かした闇の怪物たち』2005年、52-53頁

著書[編集]

  • 『表舞台 裏舞台―福本邦雄回顧録』 講談社、2007年4月
  • 『炎立つとは むかし女ありけり』 講談社、2004年

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “福本邦雄氏死去 旧KBS京都元社長”. 47NEWS (共同通信社). (2010年11月1日). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110101000803.html 2010年11月1日閲覧。 
  2. ^ 高橋利行『永田町の愛すべき悪党たち: 「派閥政治」の暗闘と崩壊』146頁
  3. ^ 昭和・平成 日本 黒幕列伝 時代を動かした闇の怪物たち』52頁