福島資剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

福島 資剛(ふくしま もとたけ、1944年7月21日[1] - )は、日本の元俳優である。 

長野県松本市出身[1]明治大学卒業[2]

来歴・人物[編集]

大学在学中にアルバイトを兼ねて劇団民芸に大道具係として入団[3]。その後、俳優を志すようになり劇団青俳に移籍する[1]

1972年、青俳同期であり親友でもあった戸野広浩司の事故死に伴い『快傑ライオン丸』のタイガージョー / 虎錠之助役の依頼を受けたものの一度は辞退。最終的に同期生で戸野広と親交が深かった俳優・狭間鉄の勧めを受ける形で演じることを承諾し、第42話「殺しの流れ者 キルゴッド」より虎錠之助役で出演する[4]。引き続き『風雲ライオン丸』にも出演。

その後、所属していた「青俳」の解散と前後して芸能界を引退[5]。芸能界引退後はNHKの大道具スタッフを経て、ペンション経営者となった[6][7]

『ライオン丸』での共演者である潮哲也の主演作『仮面天使ロゼッタ』が『仮面天使ロゼッタ 漆黒のフレイア』としてオリジナルビデオ化される際、潮を通じて原案担当の畑澤和也の希望を受け、潮の上司役として26年ぶりに共演。当初は躊躇していたものの、1シーンのみということもあって出演に至った。潮によれば、相当緊張していたという[8][7]

出演歴[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 弥次喜多隠密道中 第7話「秋葉の火祭り」(1971年、NTV) - アメ屋
  • 新・平家物語(1972年、NHK
  • 快傑ライオン丸 第42話「殺しの流れ者 キルゴッド」 - 第54話「ライオン丸 最後の死闘」(1972年 - 1973年、CX) - 虎錠之介 / タイガージョー(声)
  • 風雲ライオン丸(1973年、CX) - 虎錠之介 / タイガージョーJr.(声)
    • 第11話「生きていたタイガージョー!」
    • 第13話「たてがみかがやくライオン丸」- 第16話「忍者(しのび)の掟に明日はない!!」
    • 第21話「よみがえれ弾丸(ロケット)変身!!」
    • 第25話「マントル地下帝国最後の日!!」
  • つぶやき岩の秘密(1973年、NHK) - 小林晴雄
  • 走れ!ケー100 第14話「ニセモノ紋太富士を行く」(1973年、TBS) - 八郎
  • 水戸黄門 第5部 第1話「水戸黄門」(1974年、TBS)- 源太

ビデオ作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ヒーロー列伝 2 2000, pp. 148.
  2. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 145.
  3. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 147.
  4. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 142.
  5. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 146.
  6. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 146 - 147.
  7. ^ a b 岩佐陽一他 『吉井怜in仮面天使ロゼッタ あすかの中のわたし』 ソニー・マガジンズ2000年、38頁。ISBN 978-4-7897-1483-9
  8. ^ ヒーロー列伝 2 2000, pp. 116.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]