福島昌美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福島 昌美(ふくしま まさみ、2月20日生)は、日本のバレエダンサーである。

経歴[編集]

熊本県出身[1]。1986年から飛沢バレエスクールで飛沢多可子にバレエを学んだ[1][2]

熊本バレエ研究所で伴征子に師事した後、1995年に国立上海舞踏学校に留学して1998年に卒業した[1][3]。1997年、中国・全国青少年「桃李杯」舞踏コンクール(広州)のバレエ・青年の部で日本人として初の3位入賞を果たす[1]。1999年からはスターダンサーズ・バレエスタジオでアベ・チエ、新井咲子、鈴木稔の指導を受けた[1]

2000年にスターダンサーズ・バレエ団に入団した[1][2][3]。バレエ団研究生時代に抜擢されて、ジェローム・ロビンズ振付の『牧神の午後』で西島千博の相手役を務めた[3]

スターダンサーズ・バレエ団在団中に『バレエ「ドラゴン・クエスト」』にヒロインの王女役で出演し、2002年3月31日の神奈川県民ホールでの公演は、SMEビジュアルワークスよりDVDとして2002年8月21日に発売されている。(SVWB-3072)

スターダンサーズ・バレエ団ではくるみ割り人形の金平糖の精やジゼルのタイトルロールも務め、ダンスマガジンなどでインタビュー記事[4]などメディアへの露出も多い[5]

2008年、文化庁在外研修員としてフランダース王立バレエ団(ベルギー)にて研修し、以後コンテンポラリーなどの振付にも取り組む[2]。2012年にドイツのハルザースタッドブントシアターに入団し、同年の東日本大震災復興支援チャリティー『オールニッポンバレエガラ2012』に出演した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『バレエ2002』、p.123
  2. ^ a b c d オールニッポンバレエガラ 2013年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c 『バレエ2002』、p.6
  4. ^ 新書館『ダンスマガジン』2007年5月号 56-57頁。
  5. ^ 新書館検索

参考文献[編集]

外部リンク[編集]