福島文右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福島 文右衛門(ふくしま ぶんうえもん、1873年明治6年)8月20日[1][2] - 1937年昭和12年)1月2日[2][3])は、明治から昭和時代前期の政治家実業家銀行家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

素封家[4]・福島文衛の長男[1]として敦賀県今立郡鯖江清水町[4]福井県今立郡鯖江町を経て現鯖江市)に生まれ、1905年(明治38年)3月、家督を相続し、前名文治を改める[1]。生家は醤油醸造業を営んだ[2]1908年(明治41年)越前電気を設立し、同社長に就任[2]。福井県農工銀行頭取を務めたのち[2]1911年(明治44年)福井県多額納税者として貴族院議員に互選され、同年9月29日[5] から1918年(大正7年)9月28日まで在任した[3]鯖浦電気鉄道福井県鯖江女子師範学校の創設にも関与した[2]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 清田 1915, 特48頁.
  2. ^ a b c d e f 上田ほか 2001, 1598頁.
  3. ^ a b 衆議院、参議院 編 1960, 211頁.
  4. ^ a b c 『福井県大百科事典』876頁。
  5. ^ 『官報』第8485号、明治44年9月30日。

参考文献[編集]

  • 清田伊平 編 『日本ダイレクトリー : 御大典紀念』 甲寅通信社編集部、1915年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/910425 
  • 衆議院、参議院 編 『議会制度七十年史 第1』 大蔵省印刷局、1960年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3034963 
  • 『福井県大百科事典』福井新聞社、1991年。
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496