福島サトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福島 サトル(ふくしま サトル、1963年 - )は、日本小説家ホラー小説作家童話作家。

新聞社に勤務したのち、創作活動に専念。現在、埼玉県川越市在住。

2004年、小説「とくさ」で第11回日本ホラー小説大賞短編賞の佳作に選ばれる[1]。また同じ2004年に、童話「はいけい、たべちゃうぞ」で第20回ニッサン童話と絵本のグランプリ童話部門最優秀賞を受賞[2]

『とくさ』は、内田百の流れを汲む幻想的な作品。

作品[編集]

  • 『とくさ』(『角川ホラー文庫』)、角川書店、2004年11月。ISBN 978-4-04-377201-8
  • (はらだゆうこ絵)『はいけい、たべちゃうぞ』、BL出版、2004年12月。ISBN 978-4-7764-0083-7

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本ホラー小説大賞 受賞作品リスト”. webKADOKAWA. 2012年1月25日閲覧。
  2. ^ 第20回(2003年度)入賞作品”. ニッサン童話と絵本のグランプリ 公式サイト. 2012年1月29日閲覧。