福岡舞鶴誠和中学校・福岡舞鶴高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡舞鶴高等学校
福岡舞鶴誠和中学校
Fukuoka Maizuru high school.jpg
過去の名称 川島裁縫女学校
室見丘女子高等学校
川島学園高等学校
福岡舞鶴高等学校・附属中学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人川島学園
校訓 知・情・意
設立年月日 1922年(大正12年)4月9日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 誠和コース(中高一貫教育)
特別進学コース
進学コース
高校コード 40543E
所在地 819-0375
福岡県福岡市西区徳永1110-2
外部リンク 福岡舞鶴誠和中学校・福岡舞鶴高等学校公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

福岡舞鶴誠和中学校・福岡舞鶴高等学校(ふくおかまいづるせいわちゅうがっこう・ふくおかまいづるこうとうがっこう)は、福岡県福岡市西区に所在し、中高一貫教育を提供する私立中学校高等学校(併設型中高一貫校)である。運営法人は川島学園

沿革[編集]

  • 1922年 - 川島裁縫女学校として創立。
  • 1954年 - 学校法人川島学園を設立。
  • 1961年 - 室見丘女子高等学校を設立。
  • 1972年 - 室見丘女子高等学校を共学化し川島学園高等学校に改称。
  • 1980年 - 川島学園高等学校を福岡舞鶴高等学校に改称。
  • 1983年 - 福岡市西区の現在地に新校舎落成し、移転。
  • 1995年 - 福岡舞鶴高等学校附属中学校(男女共学)を設置。
  • 2002年 - 創立80周年を迎える。
  • 2012年 - 創立90周年を迎える。
  • 2013年 - 福岡舞鶴高等学校附属中学校を福岡舞鶴誠和中学校に改称。

設置形態[編集]

  • 福岡舞鶴誠和中学校
  • 福岡舞鶴高等学校(普通科のみ)

校風[編集]

  • 1学年8、2、3学年は11クラスあり、男女比率はおよそ2:1(近年、女子の入学者数は増加傾向にあるが、2、3学年には男子クラスがある)。
  • 「部活動千人体制」とスローガンを掲げるなど、部活動にも力を入れている。
  • 華道の授業が男女ともにある。
  • 女子は髪を伸ばすことが難しく、段が入っていたら、ショートからの移行はできない。また、赤髪届けなどがあり、髪に関しての風紀は厳しい。風紀検査は約半日間授業を中断して行われる。2009年からさらに厳しくなっており、不合格の場合は保護者を呼び出したうえで始末書を書き、その日のうちに改善することとなる。
  • 徹底した携帯電話の禁止(校内持ち込み)を実施している。
  • 毎年、各学年、クラスごとにカウンセリング合宿があり、学校で寝泊りをする機会があったが、平成26年度に一旦廃止されたが翌年もとに戻った。

部活動[編集]

  • 運動部
    • 柔道、剣道、拳法、空手、サッカー、陸上、バスケットボール、バレーボール、野球、ラグビー、バドミントン、テニス、卓球

、男子新体操部

  • 文化部
    • 吹奏楽、美術、書道、茶道、華道、理科、図書、放送、写真、ESS、英語検定、数学検定、パソコン、情報技術、歴史、囲碁将棋、JRC

福岡舞鶴高校の有名人[編集]

通学手段など[編集]

九大学研都市駅で乗降する生徒は、駅から学校まで自転車で通学することは禁止されている。ただし、隣駅の今宿駅周船寺駅から自転車通学する場合はその限りではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]