福岡県公会堂貴賓館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧福岡県公会堂貴賓館
Fukuokageihinkan01.jpg
情報
旧名称 福岡県公会堂貴賓館
設計者 三條栄三郎
施工 岩崎組
構造形式 木造
建築面積 396.3m2
着工 1909年(明治42年)1月
竣工 1910年(明治43年)3月
改築 1985年(昭和60年)1月 - 1986年(昭和61年)12月
所在地 福岡県福岡市中央区西中洲6-29
座標 北緯33度35分29.8秒 東経130度24分16.0秒 / 北緯33.591611度 東経130.404444度 / 33.591611; 130.404444座標: 北緯33度35分29.8秒 東経130度24分16.0秒 / 北緯33.591611度 東経130.404444度 / 33.591611; 130.404444
文化財指定 重要文化財
指定日 1984年(昭和59年)
テンプレートを表示

旧福岡県公会堂貴賓館(きゅうふくおかけんこうかいどうきひんかん)は、福岡県福岡市にある国の重要文化財建築物である。天神中央公園の中に位置する。

概要[編集]

旧福岡県公会堂貴賓館は元々、第13回九州沖縄八県連合共進会の開催に伴い、来賓接待所のために建設された建物である。戦前は閑院宮夫妻の宿泊施設、陸軍特別大演習の本営、皇太子行啓の宿泊施設としても利用され、太平洋戦争中には福岡連隊区司令部にもなった。

戦後は福岡高等裁判所福岡県立水産高等学校、福岡県教育庁舎として様々な施設に転用された。貴賓館は、明治時代の希少なフレンチ・ルネッサンス様式を基調とする公共の木造建築物として貴重であるとして、1984年(昭和59年)5月に国の重要文化財に指定された。

福岡県西方沖地震により、天井・ガラス・壁などに大きな被害を受けたが、復旧工事は終了し一般公開は再開された。

歴史[編集]

建築[編集]

木造二階建てで、設計は福岡県の土木技師三條栄三郎によるものであり、フレンチ・ルネッサンス様式のデザインが取り入れられている。

利用情報[編集]

一般公開されている。

交通アクセス[編集]

  • 福岡市営地下鉄空港線中洲川端駅下車徒歩5分
  • 西鉄福岡(天神)駅下車徒歩5分
  • 西鉄バス市役所北口下車徒歩1分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]