福岡大学筑紫病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福岡大学筑紫病院(ふくおかだいがくちくしびょういん)は、福岡県筑紫野市にある医療機関で、学校法人福岡大学が設置する大学病院である。

沿革[編集]

  • 1985年昭和60年) - 福岡大学の第二病院として筑紫野市に開設 (内科消化器科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・放射線科・麻酔科)。
  • 1990年平成2年) - 泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科の診療開始
  • 1991年(平成3年) - 内科消化器科を 内科と消化器科に組織変更
  • 1994年(平成6年) - 内科を 内科第一(循環器科)と内科第二(内分泌・代謝・呼吸器科)に組織変更
  • 1996年(平成8年) - リウマチ科を追加標榜
  • 1998年(平成10年) - 循環器科を追加標榜
  • 2003年(平成15年) - 病院群輪番制(休日夜間二次)に参加
  • 2004年(平成16年) - 筑紫地区小児救急医療病院群輪番制に参加
  • 2005年(平成17年)
    • - 二次救急医療病院群輪番制参加(内科系・外科系)
    • - 救急告示病院認定
    • - 開放型病院認定
  • 2007年(平成19年) - 地域医療支援病院認定
  • 2010年(平成22年) - 内科第一を 循環器内科、消化器科を 消化器内科、耳鼻咽喉科を 耳鼻いんこう科に組織名称を変更。内科第二を 内分泌・糖尿病内科と呼吸器内科に組織変更
  • 2011年(平成23年) - 循環器科を 循環器内科、消化器科を 消化器内科、耳鼻咽喉科を 耳鼻いんこう科に標榜科を変更。 内分泌・糖尿病内科、呼吸器内科を追加標榜
  • 2012年(平成24年) - IBD(炎症性腸疾患)センターを開設
  • 2013年(平成25年)
    • - 九州国際重粒子線がん治療センターと医療機能連携協定を締結
    • - 新病院開院
  • 2014年(平成26年) - 消化器外科、呼吸器外科、救急科、リハビリテーション科、病理診断科、皮膚科を追加標榜
  • 2016年(平成28年)
    • - 診療組織として炎症性腸疾患(IBD)センター、脳卒中センター、緩和ケアセンターを開設
    • - 地域がん診療病院指定

概要[編集]

  • 開設年 - 1985年(昭和60年)6月
  • 診療科 - 21科(標榜)
  • 病床数 - 310床(一般308床、感染2床)
  • 建物構造 - 鉄筋鉄骨コンクリート造(免震構造)地上9階

診療科[編集]

医療機関の指定等[編集]

  • 小児慢性特定疾患治療
  • 健康保険法による保険医療機関
  • 国民健康保険法による療養取扱機関
  • 生活保護法による指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 労働者災害補償保険法による指定医療機関
  • 特定疾患治療
  • 被爆者一般疾病医療機関
  • 臨床修練指定病院(外国医師・外国歯科医師)
  • 先天性血液凝固因子障害等治療(欠乏症)
  • 原子爆弾被爆者健康診断実施委託契約医療機関
  • 障害者自立支援法指定自立支援医療機関:育成医療
  • 障害者自立支援法指定自立支援医療機関:更生医療(整形外科に関する医療)
  • 障害者自立支援法指定自立支援医療機関:更生医療(心臓脈管外科に関する医療)
  • 障害者自立支援法指定自立支援医療機関:更生医療(眼科に関する医療)
  • 障害者自立支援法指定自立支援医療機関:更生医療(小腸に関する医療)
  • 障害者自立支援法指定自立支援医療機関:精神通院医療
  • 救急告示病院
  • 地域医療支援病院
  • DPC対象病院
  • 第二種感染症指定医療機関
  • 地域がん診療病院

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]