福岡・山口ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡・山口ライナー(中国JRバス)
福岡・山口ライナー(中国JRバス)
福岡・山口ライナー(JR九州バス)
福岡・山口ライナー(JR九州バス)

福岡・山口ライナー(ふくおか・やまぐちライナー)は、福岡県福岡市山口県山陽小野田市宇部市山口市を結ぶ高速バス路線である。

概要[編集]

2001年の山陽自動車道宇部下関線開通にあわせ、山口・宇部地域と福岡市街を結ぶ路線として開通した。山口・宇部と福岡の間はかつて高速道路が開通する以前に国鉄バス西日本鉄道(西鉄)などにより関門急行線として長距離バス路線が設定されていたが、同路線は高速道開通以前の1977年に廃止になっており、24年ぶりの事実上の復活といえる。また、JR九州バス(前身のJR九州時代を含む)にとっては1994年に廃止となったサザンクロス博多号以来7年ぶりの本州方面路線であるとともに、初の本州向け昼行高速バスでもある。

福岡市の繁華街である天神を経由するが、天神にあるバスターミナル(西鉄天神高速バスターミナル)を管理する西鉄が運行に関与していないこともあり、同ターミナルには乗り入れず路上のバス停に停車している(同様の停車形態を取るのは他に昭和自動車いと・しま号がある)。なお、西鉄と共同運行しないJR九州バスの路線としては天神を経由する唯一の路線である。

当初は途中停車地を山口市内・宇部市内の市街地の一部のみに限定していたが、需要喚起の目的もあって停車地が増加しており、現在の所要時間は当初より延びている。

運行会社[編集]

  • JR九州バス
    • 担当営業所:博多支店
  • 中国JRバス
    • 担当営業所:山口支店
  • JR九州バス・中国JRバスともに4往復担当

運行形態[編集]

金曜日・祝日を除く平日5往復、金・土・日・祝日7往復の運行。平日は山口発午前と福岡発午後が4往復、福岡発午前と山口発午後が1往復の運行。金・土・日・祝日は山口発が早朝と夕方に、福岡発が昼過ぎと深夜に各1本追加される。福岡発深夜便は昼行便に比べ、停車地が絞り込まれている。

宇部新川駅では宇部市営バスのターミナルに乗り入れる。また、宇部新川駅にある宇部市営バス新川営業所(きっぷ売り場)で当路線の予約発券業務も行っている。

停車停留所・運行経路[編集]

太字は停車停留所。福岡県内のみ、および山口県内のみの利用(福岡天神 - 江の内間を通らない利用)は不可。★は夜行便も停車する停留所。

博多バスターミナル - TVQ前★ - 福岡天神 - 呉服町出入口 - (福岡高速環状線1号香椎線4号粕屋線九州自動車道関門橋中国自動車道山陽自動車道宇部下関線) - 小野田IC - 江の内★ - 山陽小野田市役所前 - 流川 - (国道190号) - 大学病院 - 宇部新川駅- ときわ公園入口 - (国道190号) - 宇部南IC - (山口宇部道路小郡道路) - 小郡IC (小郡道路) - (国道9号) - 新山口駅新幹線口★ - (山口県道61号山口小郡秋穂線) - 平川小学校前 - 山口大学 - (山口県道200号陶湯田線) - 湯田温泉通★ - (山口県道204号宮野大歳線)- 山口米屋町 - 山口駅

※途中、周防灘PA古賀SAで約10分の休憩がある。

歴史[編集]

  • 2001年平成13年)10月19日 - 運行開始。当初は予約定員制(予約可、座席指定なし)で、途中停車地はキャナルシティ前、福岡天神、宇部中央、小郡駅新幹線口(現:新山口駅新幹線口)、湯田温泉通、山口米屋町。
  • 2005年(平成17年)8月1日 - 予約指定制(全席指定席)に変更され、電話予約が可能になる(ジェイアール九州バスは福岡にある既存の電話予約センターを使用。中国ジェイアールバスは宇部にチケットセンターを新設)。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 停車地に山口大学前を追加。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - ダイヤ改正。停車地に小野田インター、大学病院前、西京高校前、平川小学校前、NTT山口前、商工会館前、センタービル前を追加。キャナルシティ前をTVQ前に改称(隣接する西鉄バスの停留所名に合わせる)。
  • 2009年(平成21年)6月1日 - 停車地に宇部新川駅ときわ公園入口を追加。宇部地区での予約業務を宇部市交通局に委託し、宇部中央での乗降扱いならびに宇部中央バスチケットセンターを廃止。
  • 2009年(平成21年)12月7日 - 早期購入割引を設定、乗車1週間前までに乗車券を購入する場合に限り運賃を全区間1,540円とする。
  • 2010年(平成22年)11月1日 - 「博多駅交通センター」を「博多バスターミナル」に改称。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 臨時便を2往復追加運行し、計8往復となる(当初予定では11月30日まで)。
    • 臨時便のうち1往復については美祢インターチェンジに停車し、新山口駅・宇部市内などを経由しない『ノンストップ便』として運行され、福岡 - 宮崎線「たいよう」から転用した2階建バスが充当される(2階建バスによる運行は2012年9月17日まで)。
    • 臨時便のうち福岡行きの1本は早朝便として山口大学前~新山口駅前間を通過する。
  • 2012年10月1日 - ダイヤ改正。ノンストップ便・早朝便を含む臨時便2往復を廃止し、既存の定期便と同一停車地の定期便を2往復増発。定期便による8往復運行に移行。
  • 2014年10月1日 - ダイヤ改正。山陽小野田市街地への乗り入れを開始し停車地に江の内、山陽小野田市役所前、流川を追加。小野田インターでの乗降取り扱いを廃止。
  • 2016年4月1日 - ダイヤ改正。閑散期は5往復、繁忙期は7往復となる。このうち福岡発の1本が夜行(深夜発未明着)になり、途中停留所を絞った上で繁忙期のみ運行。運賃についても「キャンペーン運賃」として当面の間、閑散期は1000円、繁忙期は2000円となる。
  • 2017年4月1日 - ダイヤ改正[1]。キャンペーン運賃を前日までの予約割引運賃「早割1」に衣替えし、当日決済は通常運賃に戻る。西京高校前、NTT山口前、商工会館前、中国電力・yab前を廃止(通過)。

車内設備・サービス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]