福山第一劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福山第一劇場
Exterior of the FUKUYAMA DAIICHI THEATER (daytime,from northwest).jpg
北西方向(2011年1月21日)
情報
開館 1964年8月1日
閉館 2011年2月20日
客席数 59席(1階席のみ)
延床面積 544m²
旧用途 大衆演劇の上演
所在地 720-0052
広島県福山市東町2丁目2番地1号
位置 北緯34度29分28.2264秒
東経133度22分5.5596秒
座標: 北緯34度29分28.2264秒 東経133度22分5.5596秒
アクセス JR福山駅より徒歩8分

福山第一劇場(ふくやまだいいちげきじょう)とは、広島県福山市東町二丁目にあった劇場である。 「ヌードの殿堂」「ストリップの殿堂」として認知されていた。 定紋丸に三つ柏。本劇場の閉館により、かつての第一劇場グループ6館(「徳山」「岡山」「高松」「神戸」「福山」「広島」)は、広島第一劇場を残すのみとなった[1][2]

創設[編集]

大衆演劇の劇場として創設され、その後、ヌード専門劇場へ転換された。

構造[編集]

南西方向
2011年1月21日
南西方向(夜)
2011年1月21日
本舞台と花道
2011年2月20日

1階に出入口、ロビー、客席、舞台、事務所があり、2階が投光、3階が楽屋であった。楽屋口は無く、ロビーを通過しなければ楽屋へ行けなかった。 ストリップ興行の為に、本舞台中央から伸びる花道と回転盆を新設していた為、(大衆演劇で使用された)下手の花道は使用されていなかった。 2階にも客席が存在したが、ヌード専門劇場となってからは、専ら投光室として使用されており、観客の立ち入りはできなかった。 ロビー内には、過去に出演した踊り子の宣伝材料などの写真が壁中に貼り出され、休憩時間に眺める客も多かった。


興行[編集]

通常興行では、踊り子ひとりの持ち時間が30分と、他の劇場に比べて5分以上長く、曲を増やして対応する踊り子が多かった。 また、フィナーレが無い為、香盤にかかわらず、控え時間が分断されない面があった。閉館直前は3香盤であった。

スタンプカード[編集]

入場するごとにスタンプが1個押され、10個の枠いっぱいになったものを次回の入場時に提示すると、無料で入場可能となる(ただし、特別興行の際には利用できない)。有効期限は、1年間であった。

立地[編集]

福山市の繁華街から遠く離れた立地で、周辺は住宅地であった。

跡地[編集]

閉館から約3ヶ月経った2011年5月から解体工事が始まり、6月末までに更地となった。その後、8月にコインパーキングとなった。

最寄り駅[編集]

JR福山駅より徒歩8分

脚注[編集]

  1. ^ 日本ジャーナル出版 週刊実話 2011年3月24日号「名門ストリップ劇場 最後の一日」p.222
  2. ^ ひびひろしま feat.GetHiroshima 広島第一劇場 前編 2017年2月3日閲覧

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]