福山桜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福山 桜子(ふくやま さくらこ、9月10日 - )は日本の劇作家演出家、映画監督。アクティング・コーチ。立教大学講師

ふくやま さくらこ
福山 桜子
生年月日 9月10日
出生地 東京都
国籍 日本
民族 日本人
血液型 A型
職業 劇作家、演出家、映画監督、アクティング・コーチ
ジャンル 舞台、映画、テレビ
公式サイト https://hippo-campus.net
テンプレートを表示

経歴・人物[編集]

東京都生まれ。ニューヨーク東京在住。

東京都世田谷区鷗友学園女子高等学校卒業。中学・高校時代は演劇部で男役をやっていた。立教大学文学部日本文学科卒業。

小劇場で劇作家演出家として活動。日生劇場、青山劇場などで上演されるミュージカル、デヴィッド・ルヴォー率いるTPTシアタープロジェクト・トーキョーなどの演出スタッフとして舞台業界にて活動。

三谷幸喜の紹介によりフジテレビドラマ『子供、ほしいね』にてテレビ脚本デビュー。

『ショー・マスト・ゴー・オン』の初演の際、三谷幸喜の助手をしていたが、急遽役者でも出演。劇団テアトルジュンヌ以外に、他の大学劇団や、劇場プロデュースなどの舞台に役者として出演していた。

1990年代に渡米。渡米後、ニューヨークにて舞台作品に携わり、『February』『Non-Fiction』『LINK』などのオフ・ブロードウェイ公演の劇作・演出を行う。

2010年5月、日本での活動再開。映像業界では映画、CM、PV、TV番組、ドキュメンタリーなど、構成、脚本、演出。

2012年8月25日公開の角川映画愛を歌うより俺に溺れろ!』で、日本映画監督デビュー。

アクティング・コーチとして、ドラマ/映画/舞台に向けた具体的なシーンの役作り、オーディションへ向けてのエクササイズなども行っている。 1997年 - NYにてD-Man Production Acting Workshopにおいて演技コーチング 2010年 - 日本にて、プライベート・ワークショップ、芸能プロダクション、教育機関、作品への参加を開始。 2012年 - ミュージカル・アカデミー(一般社団法人映画演劇文化協会:旧・東宝ミュージカルアカデミー)演技クラス担当。

2009年より立教大学講師。専門は非言語(ノンバーバル)コミュニケーション。

活動[編集]

TV[編集]

映画[編集]

その他映像[編集]

  • Gucci×AneCan5周年スペシャル・ショートムービー『LADY G』脚本/演出/出演:押切もえ蛯原友里高垣麗子ほか
  • 石岡瑛子/助手/ニューヨーク
  • フジテレビ『Be New Yorker』諸星和己/構成・演出/ニューヨーク
  • ショートフィルム『Park Afternoon』脚本/ニューヨーク
  • フジテレビ『NY語』脚本/ニューヨーク

舞台[編集]

講師[編集]

  • 立教大学異文化コミュニケーション学部・1年次基礎演習(必修)・ノンバーバルコミュニケーション・ワークショップ/2009 - 2012
  • 立教大学異文化コミュニケーション学部・専門課程・『非言語コミュニケーション論』『非言語コミュニケーション演習』/2012 -
  • 立教大学全学部共通カリキュラム・『舞台は楽し』『見ための力』など

著書[編集]

  • 2015年11月 小学館 小説『サイドライン』。映画『サイドライン』(脚本・監督)をノベライズ化し、サイドストーリーを多く取り込む。

寄稿[編集]

  • 小学館AneCan』『LADY JIJI』/連載(世界時事)/2011 - 2013
  • 小学館『AneCan』『コミュ力サプリ』/連載(コミュニケーション)/2013 - 2014
  • 小学館『AneCan』『もえドラ!』/連載フォトドラマ/脚本・構成/2012年2月号 - 4月号/主演:押切もえ斉藤工
  • 小学館 小説『サイドライン』/2015年10月公開超特急主演映画ノベライズ小説

朝日新聞社AERA ENGLISH』、マガジンハウス『BRUTUS』、『Casa BRUTUS』、『anan


脚注[編集]

外部リンク[編集]