福地城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
福地城
三重県
福地城主郭虎口
福地城主郭虎口
別名 福地氏城
城郭構造 丘城城館
築城主 福地氏
主な改修者 福地宗隆(福地伊予)
主な城主 福地氏、池尻氏[1]
廃城年 天正10年6月1582年6月
遺構 主郭大手門礎石土塁石塁空堀石組井戸石列土壇階段
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯34度50分9秒
東経136度14分55秒

福地城(ふくちじょう)は、三重県伊賀市柘植浦出にあった丘城城館

概要[編集]

城主[編集]

城主の福地氏は、平清盛の末裔を称した土豪[2]柘植の有力な国人「柘植三方(日置氏北村氏・福地氏)[3]」を構成した氏族[4]祈願寺は長福寺(現・万寿寺)と推定され、本尊地蔵菩薩像の内部から発見された南北朝時代の文書に「ふくちの御てら」とある[5]。この文書には「やなき」という女性から「ふくちの御てらの了賢房」へ宛てた書状が含まれるが、了賢房はやなきの子で、いずれも福地氏の一族と推定される[6]。福地氏は正長2年(1429年)に室町幕府から関氏の討伐を命じられており、この頃既に柘植を代表する国人に成長していたことが確認できる[4]天正9年(1581年)に織田信雄伊賀国を攻めた天正伊賀の乱では、福地宗隆が織田方に味方して勢力を拡大した[2]が、天正10年6月1582年6月)に織田信長が没する(本能寺の変)と、伊賀衆の残党に裏切り者として攻められ、国外へ逃亡した[2][4]菊岡如幻の著した『伊水温故』は、福地氏の戦国時代の所領を1000石程としている。

構造[編集]

丘陵頂上の城郭と丘陵の裾の城郭に大きく分けられ、前者は詰城・後者は居館と推定される[7]大手門石垣を用い、礎石の遺構から門扉の存在が確認される[7]。大手門の両側には高さ3.5-4.8メートル土塁があり、の遺構と推測されている[7]。丘陵頂上には11以上の郭が確認され、同心円状に配置されている[7]

現在、城跡は芭蕉公園として整備され、「伊賀の小屋組みの家」という懐石料理屋が営業している。

出土物[7][編集]


脚注[編集]

  1. ^ 『伊賀市史』819P
  2. ^ a b c 伊賀流忍者博物館 忍者関連施設・史跡(閲覧:2016/06/24)
  3. ^ 『伊賀市史』751P
  4. ^ a b c 『伊賀市史』667P
  5. ^ 『伊賀市史』485P
  6. ^ 『伊賀市史』674P
  7. ^ a b c d e 三重県教育委員会福地城発掘調査報告書(1982)

ウィキメディア・コモンズには、福地城に関するカテゴリがあります。