福井康雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福井 康雄
(ふくい やすお)
生誕 (1951-09-29) 1951年9月29日(67歳)
日本の旗 日本 大阪府大阪市
研究分野 天文学
研究機関 名古屋大学
出身校 東京大学
博士課程
指導教員
赤羽賢司
主な業績 高感度小型電波望遠鏡「なんてん」の開発
主な受賞歴 紫綬褒章2007年
プロジェクト:人物伝

福井 康雄(ふくい やすお、1951年9月29日 - )は、日本の天文学者名古屋大学大学院教授。専門は電波天文学大阪府大阪市出身。

略歴[編集]

受賞歴[編集]

業績[編集]

高感度小型電波望遠鏡を開発し、星間分子雲の広範な観測的研究によって多くの研究成果をあげた。特に、南米チリに望遠鏡「なんてん」を設置して行った南天の先駆的研究で知られる。 主な成果は下記のとおりである。

著書[編集]

単著[編集]

  • 「大宇宙の誕生 -『星のたまご』に見る宇宙の始まりと終わり」 ISBN 4-334-00628-0 光文社 1998年5月
  • 「大宇宙の素顔 - 最新データで見る最深の宇宙」 ISBN 4-334-97320-5 光文社 2001年11月
  • 「大宇宙の誕生 -『銀河のたまご』からブラックホールの新しい顔まで」 ISBN 4-334-78438-0 光文社 2006年8月

共著[編集]

編著[編集]

外部リンク[編集]